戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》

 その大陸には、失われた歴史がある。
 四つの種族……セリアン、ブラニー、ルナリア、そしてアースラン。アルカディアと呼ばれた土地の民たちは、互いに(つむ)ぎ合って奪い合った歴史を探し始める。
 それは、戦災の中に消えた物語。
 (みちび)くは、外の国から流れ込んだ者たち……冒険者だ。
 港が開かれ外との航路が築かれて、はや十年と少し。
 今、アルカディアの世界樹に再び冒険者は集おうとしていた。

 世界樹が見下ろす巨大な交易都市、アイオリス。
 近年、アルカディア評議会の決定で、長らく閉ざされていた世界樹への扉が開かれた。その奥へ待つのは、忘却(ぼうきゃく)の闇を貫く迷宮だ。その先に、失われた歴史があるという。
 アルカディアの内外を問わず、多くの冒険者たちがアイオリスに集った。
 その中に、身なりの小奇麗な青年の姿がある。
 名は、ニカノール・コシチェイ。
 色白な表情は端正に整いつつも、ルナリア特有の耽美(たんび)さを呑気にさらしている。彼は今、冒険者たちでごった返す酒場、魔女(まじょ)黄昏亭(たそがれてい)で遅めの昼食の真っ最中だった。周囲は喧騒と活況に満ちて、老若男女を問わず誰もが活き活きとしていた。

「いいね、こういう雰囲気がアイオリスかあ。さて、まずはどうしよう」

 流れ者の無頼漢(ぶらいかん)、渡世人たちが目の前を行き交う。皆、なにかしらの目的を持って、その達成を賭けて世界樹の迷宮に挑まんとする冒険者だ。それはニカノールも同じである。
 だが、ニカノールには世間の暮らしやならい、冒険者のイロハがわからない。
 突然の旅立ちだったし、何不自由無い御屋敷から遠出するのも初めてだった。
 それでも彼は、一種の泰然(たいぜん)とした余裕すら広げて、歌と音楽に耳を傾ける。

「そうだなあ、さっき冒険者ギルドでエドガーさんも言ってたけど、どうやら仲間を集めてギルドを結成する必要があるみたいだね。……どうやってやるんだろう?」

 問いかけにグラスの冷茶(アイスティー)はなにも答えてはくれない。
 ニカノールはお行儀よく、薄焼きのパンに挟まった野菜と肉とを食べる。手で直接食べ物を持つことも、それに(かじ)りついてもなにも言われないのも初めてだ。なにより、瑞々(みずみず)しい美味の塩気と辛味が、とても美味しい。
 もぎゅもぎゅと優雅にランチを楽しみながら、改めてニカノールは周囲を見渡す。
 そんな時、急にたゆたう音楽が止まった。
 同時に、酒場の奥で騒ぎが持ち上がる。

「おうおう、爺さん! 悪ぃが俺たちゃアイオリスではちょっとした顔でねえ? 頼みが聞けねえってんなら、相応のやりかたってやつを教えてやらなきゃなんねえ」
「なに、ちょいと頼んでるだけだろう? 女将のメリーナがいいつってもな、ここで歌うにゃ相応のもんを払ってもらわねえと。なにせ、俺たち冒険者の神聖な酒場だからな!」

 どうやら揉め事のようだ。
 そして、ニカノールは目撃する……年老いた一人の詩人を、筋骨隆々(きんこつりゅうりゅう)たる二人組が囲んでいた。片方はセリアンで、腰に大小の太刀をぶら下げている。もう片方は、手に銃を弄ぶアースランだ。
 余所者(よそもの)らしき老人は、手にしたリュートを取り上げられた目を丸くしていた。

「いけない、揉め事だよ。あんなにいい演奏なのに、無粋だなあ。やれやれ……あの、ちょっと! すみませーん、そこの方。僕、歌を聴いてたんで――!?」

 立ち上がったニカノールに、深い考えはなかった。彼の生きてきた世界にも揉め事はあった。人間との(いさか)いには無縁でいられぬ家柄だったし、家族でもしばしば些細な衝突は起こる。
 そういう時、ニカノールが仲裁に入って話を聞けば、するりと全てが片付いた。
 昔から無自覚に、ニカノールは接する者たちの言葉と気持ちを擦り合わせる名人だった。
 だが、彼は知らない。
 ここは教養と知性に満ち溢れた者たちだけの、自分が育った御屋敷とは違うのだ。
 その証拠に、椅子を蹴った彼は不意に、背後から肩を叩かれた。
 振り向くとそこには、二人の冒険者が立っている。

「おっと、お前さん……どう見てもおのぼりさんだな? やめときな、無駄な血が流れる」
「ああいうケチな手合は、刺激してはいけないね。俺たちがすぐメリーナを呼んでこよう」

 振り返ると、二人の青年が立っていた。不敵な面構えで笑うアースランと、知的な瞳を細めるルナリアだ。二人共冒険者のようで、鎧を着込んだ竜騎兵(ドラグーン)、そして術衣に銃をぶら下げた魔導師(ウォーロック)だ。
 目を(しばた)かせるニカノールに、二人は親切心からの言葉を投げかけてくれる。

「正義感もいいけどな。ただ、騒ぎを大きくしてもいいことはないぜ? 暴れるのが冒険者なら止めるのも冒険者、そうなっちまうと酒場もただじゃ済まない」
「ああ、なるほど! そうだね、うん。そこまでは考えてなかった」
「おいおい、能天気なあんちゃんだな。ま、見過ごせないのは俺たちも一緒だけどよ」

 竜騎兵の青年は、ニカノールの背を叩いて再度笑った。日に焼けた肌に白い歯が零れて、精悍な顔つきが無邪気な悪童(ワルガキ)のように笑みを象る。
 だが、同行していた魔導師の青年は、そんな彼を肘で小突いた。

「それよりナフム、そこの君も。……ちょっと、まずいことになったようだよ」

 酷く落ち着いた声は、敬虔(けいけん)で思慮深いルナリアそのものだ。だが、魔導師の青年はどこか野性味を(ひそ)ませ、ナフムと呼んだ相棒と同じ匂いを漂わせる。
 瞬時にニカノールの前で、二人の冒険者は緊張感を滲ませた。
 それは、ニカノールの直感に実力を訴えかけてくる。
 そして、今度は凛とした声が響き渡った。
 とても元気な女の子の声音だ。

「おじさん、駄目だよ! 楽器、返してあげなよ。おじいさんの歌、みんなが聴いてたんだよ? ボクも、すっごいいいなって思ってたもん」

 二人組の視線の先へと、ニカノールも振り返る。  荒くれ者たちの前に、小さな一人の少女が立っていた。動きやすさを第一に考えた軽装は、どうやら剣士(フェンサー)のようだ。年の頃は13、4というとこだろうか。
 不思議な雰囲気を持つ少女の金髪は、まるでお月さまのように柔らかな光だ。
 そして、唇を尖らせる彼女の視線が、無垢な無邪気さに輝いている。

「ああ? なんだこのチンチクリンは。おいおい、お嬢ちゃん」
「ボク、ラチェルタ! ね、楽器を返してあげて? 一緒に歌を聴こうよ。ボクも下手っぴだけど一緒に歌いたいな」
「ハッ、乳臭(ちちくさ)いガキが……痛い目見たいのかあ? 社会勉強って奴、教えてやるぜ!」

 凄む大人を前にしても、ラチェルタと名乗った少女は全く動じない。敵意を向けるでもなく、正義の怒りを燃やすでもない。ただ、彼女は「いい歌なのになあ」と笑った。
 ニカノールが不思議な少女に見惚(みと)れていると……再度声が走る。

「よぉ、チェル……どいてな。おう、おっさん。オレぁチェルほど優しくないぜ?」
「あっ、マキちゃん!」
「久々にキレちまったぜ? 俺はぬるい珈琲(コーヒー)と弱い者いじめが嫌いでね。……失せな。この俺の封じられし刃が、鞘走(さやばし)る音とともに手前ぇらの鮮血を吸う前にな」

 なんだか話がややこしくなってきた。
 ラチェルタを守るように、一人の少年が前に出る。よく見れば、それは少女のようにも見えた。マキちゃんと呼ばれた彼だか彼女だかは、黄金色(こがねいろ)の髪を太陽のように燃やしていた。そして、怒りも(あらわ)に腰の剣に手をかける。
 二人の若き剣士たちを前にして、下卑(げび)た笑いを悪漢が響かせた。
 互いを見合って肩を(すく)める大男を前に、そのマキちゃんとやらが凄む。

「おう、()び入れんなら今のうちだぜ? オレの血が騒ぐんだよ……手前ぇらみたいな小悪党でも、血塗られし宿命の剣は容赦しねえ。もう一度言うぜ? このマキシア・デライト様の前から失せな」
「ハッハッハ、おお怖い! 怖いなあ、おい聞いたか?」
「やめてくれよ、笑わすもんじゃねえ! 封じられし刃? 宿命の剣? こいつは傑作だ!」
「あっ、て、手前ぇら! 俺が船ん中で考えてた決め台詞(ゼリフ)を!」

 だが、中性的な顔立ちの少女が抜刀しようとした、その時にはもう……彼女の鼻先にナイフが突き付けられている。どうやら腕は、巨漢二人組の方が上らしい。
 そして、いよいよ騒然とする酒場の中で、誰もが騒ぎから距離を取った。
 それは、ぽむ! と手を叩いたニカノールが歩み出るのと同時。
 すかさず彼を呼び止める声に、へらりと笑って振り返る。

「おいおい、これ以上ややこしくすんなって。あー、どうする? フレッド。狡猾(こうかつ)奇策師(きさくし)フリーデル・シュティレンフィーゲルよう。いつものペテンでなんとかしてくれ」
「ペテンじゃない、策だ。名案はないけど……そうだな、君はどう思う?」

 ナフムフリーデル。それが青年たちの名前らしい。
 二人に頷き、笑顔でニカノールは「ちょっと見てて」と歩み出た。周囲が騒がしくなり、女将(おかみ)を呼べとか、そこの若いのを止めろとか声が行き交う。
 危険なざわめきに包まれた中で、ニカノールは迷わず両者の間に入った。
 それは、リュートを取り上げられた吟遊詩人(ぎんゆうしじん)の老人が……そっと、ポケットから手を出すのと一緒だった。隠した銃の撃鉄(げきてつ)をあげたまま、彼は大げさに困ったようなポーズで両手を上げる。
 ニカノールは二人の少女を背に、大きく息を吸い込んだ。
 そして、歌劇の幕が上がる。
 喜劇の始まりだ。

「わあ、冒険者さん! ああ、やめて、やめてくださーい!」
「なんだこいつ? おい、ちょ、ちょっと待て! 危ないから俺のナイフ――」
「ばっ、馬鹿野郎! 死にてえのか! おい、手を放せ!」

 周囲が白けるようなわざとらしい棒読みで、ニカノールは悪漢のナイフをわざと自分に向けさせる。そして、心の中で小さく呟いた。
 死にてえのか?
 それは無理だね。
 何故(なぜ)なら――何故ならば。

「あっ、痛い! いたーい! さーさーれたー! バタンキュー!」

 胸を抑えてニカノールは、その場に倒れて目を閉じる。勿論、演技だ。それも、酷く幼稚で無様な大根役者(だいこんやくしゃ)っぷりだ。周囲の誰もがそう思った、その時だった。
 一人だけ本気にしてしまった人物が、すかさずニカノールを抱き上げる。
 少女剣士ラチェルタは、薄い胸の上でニカノールの頭を抱きしめた。

「わわっ、お兄さん! 大丈夫……? って、冷たい! 心臓も……止まってる!」
「お、おい嬢ちゃん、バカ言うなよ。刺してねえし血だって……なあ?」
「あ、ああ。だが、顔色が……ヒッ! ほ、本当に死んでやがるぞ!」


 黙って床に身を投げ出し、心の中でニカノールは舌を出した。
 そう、ニカノールは死んでいる。
 彼は今、生きた死体として過ごしているのだ。それが世界樹の迷宮に挑む理由で、目的は自分の生命(いのち)だ。取り戻したいのか、確認したいのか……それとも、このまま不死のバケモノとして生きるのか。
 人生のこれからを賭けた大冒険の、その手始めにニカノールは人助けを選んだ。
 鼓動がないことを確認するや、ナイフを放り出し悪漢(あっかん)たちは去ってゆく。
 その足音を聴きながら、ニカノールは今のところ唯一の特技である死んだフリ……もとい、死んだ自分の全てを披露して目を(つぶ)るのだった。

戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》