《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》
 迷宮(ダンジョン)内を疾駆(しっく)する、黄金の風。
 鎧の重さを感じさせぬその速度は、とても(よわい)60を超えた老婆のものとは思えなかった。勿論(もちろん)、本人にそう思わせない気概(きがい)があったし、年齢を口に出す者は夫以外容赦をしたことがない。
 彼女はこのアルカディア大陸では、エクレールと名乗っていた。
 その名の(ごと)く、稲妻(Eclair)のように迷宮内を進んでゆく。
 開通した抜け道を駆使する様は、ベテランの冒険者そのものだった。だが、エクレールの共犯者は彼女を金色の光で覆ったまま不安を口にする。

「デフィール、チェル達は大丈夫だろうか……僕は、不安だ。いてもたってもいられないよ」

 弱気な声が、デフィールと呼ばれた女性の鎧を泡立てる。
 まるで黄昏色(たそがれいろ)の海のように、金属にも似た光沢が揺らめいた。
 そう、眼帯(がんたい)で素顔を隠したつもりのこの女騎士は、デフィール・オンディーヌ……遠く異国の地では、エトリアの聖騎士(せいきし)(うた)われた英雄である。彼女が世界樹の神秘を解き明かしたのは、今から50年近く昔の話だ。
 だが、その後の冒険と戦いの中で、肉体は老いを忘れてしまった。
 以前、とある内陸の世界樹へと挑む中、記憶も身体もいじくりまわされたことがあるのだ。エクレールという名も、その時のものである。

「情けない声を出さないの、クラックス! ……大丈夫よ、あの子達を……貴方(あなた)の子を信じなさいな」
「信じてる、けどさ……でも、ああ! 落ち着かないよ」

 全力疾走するエクレールの纏う鎧に、無数の瞳が浮かび上がる。
 鎧となって同行している、錬金生命体(れんきんせいめいたい)のクラックスである。彼はあのラチェルタの父親だ。彼女の半人半魔(はんじんはんま)の肉体は、クラックスの因子を強く引き継いだ血族の(あかし)でもある。
 クラックス・ファルシネリ……その名を知るものは、闇から闇へと影の中、裏社会を生きる者に違いない。兄と並んで、この世で最強の力を持ち、あらゆる困難を踏破(とうは)する冒険者……時には暗殺者であり、諜報員。その正体は、 () () () () () () () () ()
 一心同体の二人は、一気に『奇岩ノ山道(キガンノサンドウ)』の10階へと(おど)り出る。

「デフィール、戦いが始まってる! 呼吸と鼓動のテンポ、これは戦闘中だ。しかも、激しい!」
「信じなさいって言った割には……私も少し大人げないわね。何かしら、とても嫌な予感がするの」
「とにかく、急ごう。過保護はよくないけど、本当のピンチには割って入らなきゃ」
「ええ。……っと、あれは?」

 ズシャリとエクレールは立ち止まった。
 ふと見れば、山頂のように開けたフロアの向こうに、冒険者達の一団が見える。その中心に立っている青年を、二人はよく知っていた。
 彼の名は、ニカノール。
 ラチェルタが所属するギルド、ネヴァモアのギルドマスターだ。
 歩み寄れば、向こうも気付いたようでパッと顔を明るくさせる。

「失礼だけど、貴方がネヴァモアのギルドマスター、ニカノールね?」
「ええ、そうですけど。ええと、御婦人(ごふじん)貴女(あなた)は」
「私の名は……エクレール。(ゆえ)あって、この世界樹を旅する者の一人よ」

 本当は二人なんだが、話がややこしくなるからクラックスは黙ってくれている。
 エクレールの名を聞いて、ニカノールは表情を明るくさせた。

「ああ、貴女がエクレールさん! 以前、チェル達を助けてくれたっていう」
「ま、まあ、それはよくてよ。それで? 貴方、何をしてるのかしら?」

 ニカノールは、その腕に一匹の鳥を抱えている。


 見たところ、鵜飼(うかい)が漁に使う鳥のようだ。
 そうこうしてると、彼の背後で仲間達が集まり出す。

「おーい、ニカ。釣れたぞ! って、ありゃ? このベッピンさんは」
「ナフム、失礼だよ。まったく……兄弟がすみません、レディ」

 現れたのは、竜騎兵(ドラグーン)魔導師(ワーロック)の二人組だ。
 どちらも若い男で、溢れんばかりの覇気に満ちている。
 彼らが釣りたての樹海魚(じゅかいぎょ)を手に、ニカノールを囲んだ。
 どうやら、例の鳥に(えさ)をやろうとしているらしい。
 自然とエクレールはその姿に目を細めた。ナフムと呼ばれた男は威勢が良さそうで、根拠のない自信に満ち溢れている。彼を兄弟と呼んだ魔導師の男も、冷静沈着な態度の奥に同じ情熱を秘めていた。
 まるで、遠い昔の自分と夫を見るような気持ちだ。
 そして、小声でクラックスが(ささや)く。

「ねえ、デフィール……あの二人、何だか君達に似てるね」
「……私も今、そう思ったわ」
「いいなあ、エトリアの世界樹。昔、父さんが……僕達の創造主が少しいたことがあるって。凄く大きな、立派な世界樹らしいね」
「ええ、この世界樹と同じくらいにね」

 ひどやかなやり取りの中で、注意深くエクレールはニカノールとその仲間達を見やる。片目で見据(みす)えて、もう片方を覆う眼帯からクラックスも視線の矢を射る。
 突然眼帯に複数の瞳が浮かんだが、ニカノールはあまり驚かなかった。
 彼は抱いた鳥に樹海魚を食べさせ、そして地面へと放す。

「また会えたら、魚をあげるけど……そろそろどうかな」

 呑気(のんき)なことを言って、ニカノールは笑った。ほがらかな笑みで、人の良さが知れる。ぼんくらな坊っちゃんにも見えるが、エクレールの直感はそれを否定していた。何も言ってこないということは、クラックスも同じことを感じているだろう。
 目の前の鳥は、じっとニカノールを見上げて……その脚に擦り寄った。

「見た? ナフム、フレッドも! この子、何となく(なつ)いてないかな?」
「の、ようだな。(うわさ)じゃ、世界樹から持ち帰った鳥で魚を()らせてる連中もいるらしい」
「宿に戻ってジェネッタに聞いてみよう。で、だ……ニカ。こちらの麗人が何か言いたげだけど」

 フレッドと呼ばれた青年が、フリーデルと名乗って挨拶してくれる。彼に(うなが)されて、ニカノールがエクレールの前に歩み出てきた。
 咳払(せきばら)いを一つして、エクレールは言葉を選ぶ。

「今日、貴方のギルドはトライマーチと一緒に……魔獣ヒポグリフの討伐をしている筈じゃなくて? ギルドマスターの貴方は、戦ってるようには見えないのだけど」

 半端な答えが返ってくるようなら、エクレールは勿論、クラックスも容赦しないだろう。ヒポグリフの討伐のために、自分達の親しい子や孫が立ち向かっているのだから。
 だが、ニカノールは静かな微笑(びしょう)(たた)えて(うなず)く。

「ええ、(おっしゃ)る通りです。だから、僕は僕でできることを……仲間から、何だか(みょう)な鳥がいるって聞いて、それで」
「貴方は戦わないのかしらん? レヴィやチェル、それにマキはまだまだ未熟だわ」
「あれ? あの三人とは知り合いだったんですか?」
「ん、んんっ! ん! ま、まあ……ほんの少し」

 藪蛇(やぶへび)だったかもしれないと、エクレールは視線を()らす。
 だが、自分とクラックスが満足できる以上の言葉がニカノールから返ってきた。

「あの三人には、今日はコロスケとナルがついてます。コロスケの剣は勿論、時と場合によってはナルの魔法も頼りになる筈。彼は自分の危機には真面目になりますから」

 ニカノールは語った。確かにあの三人娘は、未熟でお調子者で、その上に好奇心ばかり旺盛(おうせい)で怖いもの知らずだ。だが、最悪逃げ帰るだけの力を同行させたし、申し出てくれた大人達も了承済みだという。
 絶対に勝てる戦い、完璧に制御された結果…… () () () () () () () () () () ()
 冒険者として力をつけるためには、冒険をこなし、生き残る必要があるのだ。

「なるほど……仲間を使うだけでなく、育てる。ふふ、あいつと、コッペペと同じことを言うのね」
「あれ? コッペペさんともお知り合いなんですか? エクレールさん、貴女は……」
「邪魔したわね。私は一応、見届けるつもりだけど……今回は手を貸さない、そう決めましてよ? それと……ニカ、って呼んでいいかしら? ニカ、いいギルドマスターになるのね」

 それだけ言うと、エクレールは(きびす)を返した。耳元で(ささや)くクラックスも、大きく頷く気配がある。
 先程のナフムとフリーデルにも挨拶をして、再びエクレールは10階の奥へと走り出すのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》