《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》

 ニカノールは今、極限の集中力で死霊を制御する。
 あまりにも巨大過ぎるそれは、幽冥(ゆうめい)なる原初の(ぬし)に肩を並べる偉容だ。そして、おぞましい声を張り上げながらぶつかってゆく。
 ちらりと横を見やれば、ラチェルタやマキシアが驚きに目を丸くしていた。

「やあ、無事だね? まったく、無茶をするなあ」

 あの沈着冷静なレヴィールでさえ、ただコクコクと(うなず)くしかできない。
 それほどまでに、ニカノールの操る死霊は桁外れの大きさだった。
 かろうじて身を起こしたスーリャが、震える声で問うてくる。

「ニカ、それは……その死霊は、なんだ。そんな屍術師(ネクロマンサー)の術など、見たことがない」
「ああ、これかい?」

 絶叫を張り上げ、幽冥なる原初の主が死霊へと攻撃を向ける。だが、(ひらめ)く稲妻も紅蓮(ぐれん)の炎も、あまり効果がない。人間であれば致命傷の連撃を浴び続けているが、死霊はびくともしないのだ。
 そう、人間の体力に数値化することもできないくらい、驚異的な耐久力を持っているからだ。

「フォス、説明してあげて。僕、これでも手一杯なんだ」
「……ああ」

 そう、今のニカノールには余裕がない。
 それでも、精一杯の笑顔で少女たちを安心させたつもりだ。
 友人のフォリスも同じだと思うが、彼は彼で普通サイズの死霊を周囲に解き放つ。あっという間に、壊滅寸前だったパーティを守る壁が広がった。
 そして、静かにボソボソとフォリスは説明を始める。

「死霊の能力やサイズは、霊的な質量に比例する。つまり……強力な魔物を触媒にして死霊を生み出せば、自然とその個体は強力なものに、なる」
「えっと、それって」

 ラチェルタは呆気(あっけ)に取られていたが「あっ!」と声をあげた。
 そう、死霊の召喚に関する基本的な仕組みは同じだ。普通に召喚する以上の個体を生み出すためには、普通ではない触媒が必要になる。
 頭が回らず混乱し始めたマキシアの横で、レヴィールが(つぶや)く。

「確か、魔物を触媒に死霊を生み出す術が……ま、まさか」
「そう、この死霊は…… () () () () () () () () () () () () () ()


 第二階層『奇岩ノ山道(キガンノサンドウ)』を守護する、強力な風の支配者……ヒポグリフ。魔獣グリフォンの子とも言われ、その翼は冒険者たちを苦しめた。
 当然、ニカノールたちも随分と手を焼かされたものである。
 その強敵も今は、フォリスとの連携で巨大な死霊として使役されていた。

「よし、フォス! 一気にいくよ!」
「ああ。立て直すぞ……押し返すっ!」

 ニカノールたちの登場に、いよいよ荒ぶる闇が咆吼(ほうこう)する。あっという間に、周囲を激震が襲った。あまりにも強い力に、それ自体を封印していた部屋すら崩壊寸前だ。
 だが、冷静にニカノールは巨大死霊の制御をフォリスに渡す。
 同時に、フォリスが生み出した死霊を次から次に突撃させた。
 爆散を念じれば、無数の爆発が咲き乱れる。

「やったか?」
「いや、フォス……そういう生ぬるい相手じゃないよ。くるっ!」

 吠え(すさ)ぶ暗黒の権化(ごんげ)は、己の絶叫で自らを高めてゆく。
 悪意と敵意の(かたまり)に、さらなる力が凝縮された。
 だが、その時には少女たちが立ち上がっていた。

「スゥは逃げてて! その傷じゃ無理だよ。無理はしちゃ、行けないんだっ!」
「おうっ、チェルの言う通りだぜ! ……ヘッ、あれをやるしかねぇようだな」
「ちょっとマキ、貴女(あなた)ねえ……それ、いつもの『とりあえず考えてないけど言ってみた』ってのでしょ? もう、二人共私がいないと駄目なんだから!」

 崩壊しかけた戦線が、再び人類の最前線として機能し始める。
 アルコンは、人の世界に光を灯した。そして、輝く未来を指し示してくれたのだ。同時に、そこへと向かう過程で超えねばならぬ試練が、目の前の怪物である。
 ニカノールは改めて、醜悪な死の体現者を(にら)んだ。
 死霊を扱い、死者に関わり生きてゆく屍術師だからこそわかる。生命にとって、死は(おごそ)かであるべきなのだ。そして、望むと望まぬとに関わらず死は公平なものである。
 だが、目の前の存在は違う。
 あたら死を振りまき、摂理(せつり)をも超越した死で全てを飲み込もうとしてる。

「さあ、もう少しだけ頑張ろう! そして、やばくなったら」
「やばくなったら? あの大きな死霊以外にも、なにかあるの?」
「それはね、チェル……逃げるんだよ! 全力で! 生きてれば、必ず次があるからね」

 同時に、ニカノールは再び巨大死霊を引き受ける。
 そして感じた……(すで)にもう、過去最高に大きな死霊とて長くはもたない。あのヒポグリフと同等の力を持つ死霊を持ってしても、幽冥なる原初の主を抑えるのが精一杯だ。
 それでも反撃を続けるニカノールは、瘴気(しょうき)の煙る中で目撃する。

「あれは……あの、頭の角に引っかかってるのは、ノァン!」

 子犬のように(なつ)いてじゃれつく、妹みたいな少女。そのノァンが今、力なく怪物の角にぶら下がっていた。彼女は、仲間たちを守って逃がすために力を使い過ぎたのだ。
 ここからでは、生存を確かめる術はない。
 だが、生きてると信じて取り返す、それだけは瞬時に決意となって立ち上がる。
 そんなニカノールの意気込みが伝わったかのように、少女たちが走り出した。

「攻撃は今まで通り、私がさばくわ!」
「おっしゃあ! んじゃ、ま……行くぜっ、チェル!」
「ほいきた、マキちゃん! ボクだって、このままじゃ引き下がれないもんね」

 ニカノールには今、三人の背中がとても大きく見えた。
 初めて会った時は皆、自分以上にヒヨッコだったのに……それがもう、随分昔に感じられる。そして、まだまだ守ってやりたいとも思えて、術を行使させる心に力が籠もった。
 おぞましい声と共に、爪と尾の攻撃が床を泡立てる。
 そんな中で、レヴィールはギリギリの回避を続けて攻撃を(そら)していた。
 そして、僅かな間隙にラチェルタとマキシアが走る。

「よぉ、チェル……名案がある。レヴィ風に言えば『私にいい考えがあるの』ってやつだ」
「えー、それ絶対駄目なやつだよぉ。……んで? なになに?」
「お前、オレの攻撃にチェインを重ねろ。オレもお前の攻撃に、同じようにチェインを連ねる。つまり」
「あ、そっか! さっきみたいにドカーンってやっても、マキちゃんとボクとで攻撃に時間差ができちゃうから」
「そゆこった! っしゃ、いっくぜええええっ!」

 マキシアは時々、とんでもない無茶を思いつく。
 そして、ニカノールは知っている……ラチェルタは、その無茶を絶対に無理とは思わないのだ。二人は恐らく、アルコンが世界樹と共有して見詰めるもの……人間の可能性そのものなのかもしれない。
 ラチェルタの剣が雷光を(まと)えば、マキシアの剣も呼応するように火焔に包まれる。
 二つの剣閃(けんせん)は互いに重なり、無限に連なる中でどこまでも収斂(しゅうれん)されていった。

「っしゃあ、このまま……トップギアでっ、ブチッ、抜けえええええっ!」
「マキちゃんに合わせて、マキちゃんを引っ張る! これが、ボクの……ボクたちの!」
「ウルトラグレートスペシャルにっ! 最強イカした、必殺技ってやつだっ!」

 巨大死霊と取っ組み合う巨躯(きょく)へと、二人は吸い込まれた。雷と炎は、弾けて()ぜ合い、一条の光になった。それが突き抜けた瞬間……巨大な死霊の壁が崩れて消える。
 だが、明らかにダメージを感じさせながらも、幽冥なる原初の主が赤い瞳を血走らせた。

「危ないっ、二人共!」

 御丁寧(ごていねい)にドヤ顔でポーズを決めていたラチェルタとマキシアを、再び殺意が襲った。
 ――(はず)だった。
 だが、無数の氷が刃となって反撃を串刺しにする。
 振り返るとそこには……信じられないことに、いるはずのない人物が魔法を使っていた。

「ニカ様っ! 後ろはおまかせを……わたしも、ワーシャも戦います!」

 そこには、消耗し過ぎて(うずくま)るフォリスの棺桶(かんおけ)が開いている。屍術師が仕事道具などを収納するその中から、ワシリーサが立ち上がるのが見えたのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》