《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》

 戦況は一変してしまった。
 カズハルは改めて、どうしてラミアがこの地に封じられていたかを思い知らされる。
 この魔物は、危険だ。
 それも、野生の魔物とは比較にならない程に凶暴である。
 神話の世界から現れた、それは蛇神(じゃしん)とでもいうべき驚異なのだ。

「クッ、まずい! コロスケさんっ!」
委細承知(いさいしょうち)! まずはナル殿を」

 先程、無防備に歩み寄ったナルシャーダは、まだ部屋の隅で失神して転がっている。
 その周囲に、無数の蛇が忍び寄っていた。
 ラミアが飛ばした(うろこ)が、無数の蛇となって部屋中に満ち始めていた。
 その奥へと下がりながら、さらに苛烈な攻撃をラミアが放つ。
 あっという間に数で圧倒され、カズハルたちは窮地(きゅうち)(おちい)っていた。

「カズハル、バンカーだ! もう一つバンカーを作れ! 俺の死霊を全部引っ込める!」
「アーケン、ごめん! バノウニは敵を牽制して!」
「わかった! 数が数だけに、俺の得物向きだっ」

 バノウニが前に出て、両手で大鎌を横薙ぎに振り抜く。
 鋭い刃が、何匹かの蛇を両断した。
 だが、その(しかばね)を乗り越えて群れなす蛇が大挙する。
 恐らく、猛毒を持つであろう毒蛇だ。そのことを確認したくはないし、我が身を持って知るというのはまっぴら御免(ごめん)だ。
 急いでカズハルは、周囲の石塊(いしくれ)や岩を集めてバンカーを掘る。
 現時点ではもう、ラミア討伐どころではなくなってしまった。
 穴蔵に籠もって、百蛇の津波を押し返すのが精一杯である。

「まずいな、弾がもう……と、とにかくリロードして撃つしか――」
「危ない、カズハルッ!」

 不意にバノウニが、横から体当りしてきた。
 それでカズハルは、バラバラと弾薬を落としてしまう。慌てて拾ってそれを銃に込めれば、バノウニが武器を落としてうずくまっていた。
 その隙をアーケンがカバーし、カズハルもすぐにバノウニに駆け寄る。

「か、噛まれた……手が、痺れて」
「毒だ、ちょっと待ってて」
「いや、アイテムでなんとか……カズハルは、周りの援護を」
「麻痺毒かな? いや、むしろ呪いの(たぐい)かも」

 どうやら、バノウニの腕力が封じられたらしい。風切の刃を歌わせる奏者は、そのタクトを持つ手を奪われてしまったのだ。
 背後を見やれば、コロスケが一人で約半数の蛇を処理してくれている。
 流石(さすが)のコロスケも、言葉を挟む余裕がないほどの運動量だ。
 絶体絶命という言葉が脳裏を過る。
 だが、今回だって諦めない。
 失くした自信を取り戻す、そのために自分を信じると決めたから。

「……みんな、聞いてくれ。多分、この蛇の大群は……本体を倒せば消えると思う」

 カズハルの言葉に、二人の友人は気色(けしき)ばむ。
 きっと、自分の考えていることを察したからだ。
 だから、真っ先にバノウニが反論を唱えた。

「駄目だ、カズハル……捨て身でかかっても、ただ勝つだけじゃ、駄目なんだ」
「勝算はある。一気に本体に肉薄して、バスターカノンで勝負に出るんだ」
「この蛇だらけの部屋で、奴に近付くのは」
「そこだよ、そこ。この敵意の蛇地獄を飛び越え、一撃浴びせて戻ってくる……そういう問題の答を探してるんだ。大丈夫、考えるんだ。冷静に、状況をよく見て思考を巡らせれば」

 こんな時、速攻でメンバーが一人戦闘不能になったのが痛かった。
 だが、不思議と責める気分にはなれない。むしろ、女性を前にして美を誇らぬナルシャーダなど、不気味でしかたがないからだ。そんなことは凶兆だろうし、縁起が悪い。通常運行な方が安心できるし、ありがたい。
 それに、こんな中でもカズハルは絶望してはいなかった。
 それはコロスケも同じ様子で、忙しく敵を切り裂きつつ(つぶや)く。

「せめてナル殿が健在であれば……いや、無理は言うまい」
「ですよね。でも、らしいっちゃーらしいんで」
左様(さよう)。美を見て見せぬは愛なきなり、などとうそぶく御仁(ごじん)でござる。いやしかし、実に惜しい……ナル殿の魔法が大活躍という局面で」

 ピクン! とナルシャーダの身が震えた。
 おや、と思ったところで、すかさずカズハルも言葉を続ける。

「ですよねー、今日のこのピンチを、颯爽(さっそう)と! 華麗に! 美しくひっくり返すのは、ナルさんだけだよなあ」

 待ってましたと、バノウニとアーケンも悪乗りしてきた。

「そうだぜ、そうに違いねぇ。ああ、見たかったなー、ナルの兄貴の大魔法」
「きっと、物凄い英雄譚、壮大な叙事詩(じょじし)(つむ)げるだろうになあ」

 滅茶苦茶に棒読みだったが、効果てきめんだった。
 とつぜん、むくりとナルシャーダが身をもたげた。
 フフフと肩を揺らす、不気味な笑いと共に。

「フ、フフフ……フッ、フハハハハッ! 俺様、復活美! ああよせ、よすのだ……今は俺様を讃えている場合ではない。なに、こんなのはただの絶体絶命だ、任せ(たま)えよ!」

 今だ、今この瞬間……これを待っていたんだ。
 咄嗟(とっさ)にカズハルは、バンカーを飛び出て走り出す。またたく間に、周囲に蛇が群がってきた。進路を塞ぐように、シャーシャーと唸る敵意が十重二十重(とえはたえ)
 だが、背後でチン! と鍔鳴(つばな)りの音が響く。
 一拍遅れて、ラミアへの最短距離を剣閃(けんせん)が突き抜けた。

「今でござる、カズハル殿!」
「ありがとうございますっ、コロスケさん!」

 カズハルは走った。
 疲労の蓄積した肉体に、着込んだ鎧が重い。
 そして、切り開かれた道がすぐに埋まりつつあった。
 背後からアーケンの死霊が、そしてバノウニの呪詛が歌となって追い越してゆく。二人の援護で、ラミアの堅牢堅固な鱗の防御力が下がっていった。
 間髪入れずに跳躍し、カズハルは特別な弾丸を銃身に叩き込む。
 それは、突如として天井が崩落し、無数の岩石が降り注ぐのと同時だった。

「フッ、終わりだ……ラミアよ、せめて散り際だけは美しく、な。今だ、少年っ!」

 高レベルの広範囲魔法、ロックフォールが周囲を包む。ナルシャーダの魔力が引き起こした振動は、容赦なくその場に岩盤の雨を降らせた。
 同時に、その中に空中の道ができる。
 真っ直ぐカズハルは、並んで浮く岩の上を一足飛びにラミアへと迫った。
 そこには、予想外の反撃を前に、目を見開く鬼女の形相が固まっていた。


「一発逆転っ、こいつでっ!」

 こんな大技、初めて使う気がする。そして、これっきりにしたい。カズハルはもう、自ら発案して引き受けた大役に心臓がバクバクだった。
 だが、間違ってるとは思わない。
 そして、正しくなくても構わない。
 みんなで勝って、みんなで帰る。
 そのための銃爪(ひきがね)が今、勢いよく銃身に押し込まれた。
 激しい衝撃音と共に、耳をつんざく断末魔の悲鳴が響き渡るのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》