戻る オリジナル用語集へ 本編へ

☆ギルド『ネヴァモア』

・ニカノール・コシチェイ(ボイスタイプ02:好青年 - CV:斎賀みつきさん)
 ネクロマンサーの名門、コシチェイ家のお坊ちゃん。コシチェイ家は多くの不死者を輩出する家柄で、今も各地のダンジョンや古塔にアンデットとなった親族たちが元気に暮らしている。ニカノールもゆくゆくは有限の生命を返上してアンデットになる予定だったが……なにかの手違いで死んでしまい、若くして生きた死体となってしまった。性格は温厚で物腰穏やか、育ちの良さ故か能天気で呑気だが、真摯で純真な好青年である。愛称はニカ。
「生きてるなら適度に適当に頑張らなきゃ。例え死んでても、それは同じだよ」

・ナフム・ナフ・トレン(ボイスタイプ12:ニヒル - CV:川原慶久さん)
 ドラグーンの青年で、考える前に全力投球、全速力で全開ダッシュのバカ兄貴。物心つくかつかないかという頃に家族を亡くし、通りすがりの傭兵団に拾われて育った。家族同然の傭兵団で軍師の息子フリーデルと出会い、兄弟も同然に育った。今では義兄弟で、信頼し合った相棒同士である。暇さえあれば書庫に引きこもるフリーデルを引き回しては、砦のご近所を荒らし回った名うての悪ガキだった。ギルドの頼れる?兄貴分である。
「フレッド、時間をやるっ! 三秒でいい手を考えろっ! 俺は、突っ込むっ!」

・フリーデル・シュティレンフィーゲル(ボイスタイプ09:物静か - CV:佐藤拓也さん)
 ワーロックの青年で、動く前に状況分析、常に思慮深く突っ走るバカ兄貴。辺境の傭兵団で軍師を務めている魔術師の息子である。団長に拾われてきたナフムとは幼なじみで、隙あらば砦の内外を考えなしに走り回る義兄弟の参謀として、ありとあらゆる悪戯を思い付いては実行させていた稀代のクソガキだった。セオリーを踏まえつつセオリー無視をも視野に入れる戦術眼の持ち主で、多彩な魔法で仲間を支える。愛称はフレッド。
「ナフム! 言っても無駄だが無闇に突っ込むな。俺が打開策を整えるまで辛抱だ」

・エランテとクァイ(ボイスタイプ19:無気力 - CV:川原慶久さん)
 知的生物の精神に寄生し、その熱量を啜る代わりに様々な恩恵を与える妖物と共生する一族。少女に見えるが実際よくわからない女性。常に眠ったままの状態のエランテが宿主で、クァイと呼ばれる男性人格の異生体が同居している。そのため、普段はクァイが野太い声で喋り周囲を驚かせる。エランテは眠り続けたままだが、夢という形でクァイと仲間達のやりとりを認識しているようだ。ただし、見ているだけで干渉は全くできない。
「……やるしかねぇか。おっと、お前さんはまだ寝てな。俺等が連中を片付けるからよ」

・ラチェルタ・ファルシネリ(ボイスタイプ31:ボーイッシュ - CV:大橋綾香さん)
 冒険者一家の一人娘。かつて伝承の巨神にまつわる謎に関わった両親やその仲間たちに憧れて、自分も世界樹で一旗揚げようと飛び出した。年の割には有事に際して結構シビアな冒険者の理屈で動ける有望な新人だが、経験不足で空回りする事もあったりなかったり。スカートの下には謎の錬金生物な父親譲りの金色の鱗と羽毛、そして尻尾も生えているけど普通の女の子。なお、本人にそこまで頑張って隠す気もないというかむしろ自慢のチャームポイントなため、宿屋などでは結構オープンに晒してごろごろしていたりする。
「いち、にの、さんでいってみるよー! 順番通りに片付けちゃうから!」

・河上虎狼介直房(ボイスタイプ13:武士 - CV:鳥海浩輔さん)
マスラオとして武を極めるため世界樹へと修業にやってきたセリアンの青年。名前が長いので、皆は『コロスケ』と呼ぶ。一人称『拙者』、語尾には『ござる』、修行一筋の生真面目な堅物で女性のあしらいはとことん苦手……まるで絵に描いたようなサムライ。とはいえ基本的には気さくで面倒見の良い好青年であり、ギルドの面々とも相応に交流はある。ちょっと真面目すぎて斜め上なところもあるのはご愛嬌。
「待たれよ、皆の衆! ここより先は拙者が受け持ち申す……いざ! 尋常に勝負、勝負でござる!」

戻る オリジナル用語集へ 本編へ