《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》
 長き停滞の時間が過ぎ去った。
 熟練冒険者が見出した隠し通路の先に、上へと(いた)る階段が発見されたのだ。
 世界樹の(いただき)、いまだ先に見えず……だが、常に前へ、その先へと進むのが冒険者だ。
 ラチェルタもこの日、新たに目にする第四階層に言葉を失っていた。
 第四階層『虹霓ノ晶洞(コウゲイノショウドウ)』は、荘厳な美しさで冒険者達を出迎えてくれた。

「ほええ……すっごーい! ねえねえ、マキちゃん! 凄いよこれー!」
「おお……おお! おお! ヤベェぜ、こりゃ。なんだよ……まるで絵草紙(マンガ)の物語だぜ」

 そこは、水晶が織りなす天然の迷宮。
 硝子(ガラス)細工にも似た光のラビリンスが続いている。ラチェルタが走り出せば、その背後を息せき切ってマキシアもついてきた。二人はすぐに、樹海磁軸(じゅかいじじく)を発見する。周囲をキャッキャと回りながら、次の通路へ飛び出そうとしていた。
 だが、すぐ後ろから小姑(こじゅうと)みたいな声が飛んでくる。

「ほらほら、チェル! マキも! はしゃがないの! もぉ……危ないでしょ? 魔物も出るんだから、注意しなきゃ」

 いつものお小言は、レヴィールだ。
 彼女も少し、周囲を見渡して浮かれている。それでも、ほんの少しだけ年長者であることが、冷静さを必要以上に励起(れいき)させているようだ。
 ラチェルタは(きびす)を返して、マキシアと共にパーティへ戻る。
 腰に手を当てレヴィールはプンプンと怒っているが、見守るニカノールとワシリーサは笑顔だった。
 新たな冒険の舞台が嬉しくて、ラチェルタは思わず声を弾ませてしまう。

「ねえねえ、ニカ! ニカ、ニカニカ!」
「うん? どうしたんだい、チェル」
「すっごいね! こんなダンジョン初めて! まるで夢みたい」
「夢じゃないさ。僕達冒険者が、みんなで切り開いた道だよ。そして、まだまだ道半ば……さ、進もう。三人で先頭を切ってもらうよ? いいかな」

 アンデッドキングとの激戦を経て、少しニカノールは雰囲気が変わったように思える。それでいて、ラチェルタにはいつものとっぽいお兄ちゃんにしか見えない。みんなの頼れるギルドマスターは、今日も穏やかに微笑(ほほえ)んでいる。
 そして、不思議と隣のワシリーサも笑顔が一段と眩しい。
 二人の間の見えない距離感が、以前よりずっと近く感じた。
 そう思えばもう、ラチェルタはとても嬉しくてしかたがない。

「よーしっ! ボクが先頭を切りまーっす! マキちゃん、レヴィ、行こうっ!」
「おしきた! 任せとけってんだ……ヘヘッ、おふくろ譲りの剣が(うず)くぜ」
「しょうがないわねえ、もぉ。二人とも、あまり離れちゃだめよ?」

 だが、レヴィールの声はもう耳に届いていない。
 ラチェルタの前には、未知の神秘がどこまでも広がっている。
 弾む心のままに、彼女は親友のマキシアと迷宮を走り出した。

「マキちゃん、競争っ! 先に新しいこと発見した方が勝ちだよっ」
「おしきた、乗ったぜ!」

 周囲の水晶は、大自然が削り出したモザイク模様。走ればその光沢は、まるで波打つ(なぎさ)のようにラチェルタを急かす。その輝きが、もっと奥へと誘ってくるのだ。
 そして、ラチェルタはマキシアと同時に奇妙なものを見つけた。
 急ブレーキで立ち止まるや、道の真中で屈み込む。

「マキちゃん、マキちゃん! これ!」
「おお……なんか、これぁ……すげえな!」
「だよね! 発見だよ、大発見!」

 なんと、道の真中に水晶が落ちていた。
 多分、街で同業者が竜水晶とか言ってたやつだと思う。握り拳程の大きさで、手に持てばズシリと重い。まるで氷菓子(ジェラード)のようにキラキラしてて、覗き込めば自分の顔が無限に連なり見詰め返してくる。
 そうだ、と思った時にはもう、隣のマキシアが同じことを口にしていた。

「ノァンにいい土産ができたな」
「……うん。そだね。きっと喜ぶよね」

 あの決戦の日からずっと、ノァンは目を覚まさない。その身に宿っていた七つの魂の内、六つを使ってしまったのだ。それは、ニカノールとフォリスの手で、想いを力に変えて昇天してしまった。
 同時に、まるで糸の切れた人形のようにノァンは動かなくなってしまった。
 フォリスも原因がわからないらしく、毎日部屋にこもって研究資料をひっくり返している。眠り続けるノァンには、ずっとスーリャがついていた。

「ノァン、目を覚ますよね。また前みたいに、一緒に冒険できるよね?」
「あったりめーよ! チェル、そいつを見せればヒョッコリ起き上がるかもしれねえ」
「そだね、うん……そうだ、ボク達が信じないと。いつかまた、絶対ノァンと……ノァン、と……お、おおおっ? マキちゃん、ちょっとあれ! ほら!」

 互いの友情がノァンとも結ばれていることを、二人で確認していたその時だった。
 ふと顔をあげたラチェルタの目に、再び道端の光が捉えられた。
 すぐ近く、通路の先にもう一つ竜水晶が落ちている。
 早速駆け寄り拾い上げると、先程のよりも一回り大きい。

「マキちゃん! ……ゴクリ」
「あ、ああ……さっきのをノァンにやるとして、こっちのデカいのは」
「あっ! ま、また! あそこで光ってる!」
「うおお、確保ぉ! チェル、残さず確保だ!」

 そこからはもう、夢中だった。
 何故(なぜ)か道に点々と、竜水晶が落ちている。
 大きさはまちまちだが、一番大きいものは赤子の顔ほどもあった。あっという間に荷物がパンパンに膨れ上がって、ラチェルタは顔が緩みっぱなしになる。そのだらしない表情は、目の前のマキシアも同じだった。
 二人はニタニタと、束の間の億万長者を夢見る。

「やべぇぜ……おい、チェル! こりゃ……一攫千金ってやつだぜ!」
「だよね、そうだよね! ……ノァンには、こ、これでいいかな。ほら、小さくて可愛いし!」
「おう、そうだな! うんうん……こっちのデカいのは、ちゃんと俺達が換金しないとな」
「だよね! だよね! みんなでおやつ、いーっぱい食べれるもんね」

 だが、そんな二人を影が包んだ。
 なにごとかと顔をあげると……そこには長身の逞しい人影があった。
 人の姿を(かたど)る輪郭だったが、それは人ならざる生き物だった。

「ほえ? えっと……あ、あれ? これって」
「魔物、なのだぜ? ……やっべえ! チェル!」

 二人の間に、巨大な剣が降ってきた。それを叩き付けたのは、(おおかみ)の姿をした獣貌(じゅうぼう)の戦士……全身に毛皮を着込んだ、獣人とでもいうべき魔物だった。
 しかも、数が多い。
 どうやらこの竜水晶の、本当の持ち主のようである。
 そして、立腹も立腹、怒髪天(どはつてん)レベルで()(すさ)んでいた。

「ノオオオオオオオオオッ! 第一魔物発見! にっ、逃げろおおおおおおおお!」
「マキちゃん、竜水晶が! わわわ、零れるっ」

 あられもない姿で、脇目も振らずラチェルタは走った。彼女自身、両親から受け継いだ強靭な脚力がある。それはマキシアも同じで、ちょっとだけ普通の人間とは違う。そして、ただ少し違うだけで人間なのだ。


 ぽろぽろと竜水晶を落としながら、二人は振り向かずに来た道を走った。
 その後少し迷ったが、どうにかニカノール達に合流できて……そこで二人は、精魂尽き果てて崩れ落ちてしまう。レヴィールのきついお説教が待っていたが、相づちを打つ元気すら枯れ果て、二人の第四階層デビューが終わってしまうのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》