《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》

 ダンジョンと化した六本木ヒルズの、複雑に入り組んだ多元構造。
 そこかしこで滴り落ちる、協力な酸性の毒液。
 そして、酸の中から遅いくる異形の触手竜。
 現時点でトゥリフィリは、即座に要救助者を保護しての撤退を決断した。
 即決だった。
 帝竜(ていりゅう)の支配する領域では、一瞬の判断の遅れが命取りになるからだ。
 結局、最初の調査は数時間で終了、そのまま国会議事堂へととんぼ返りとなったのだった。

「無事に帰ったか、13班。フン、なにか成果はあったのだろうな」

 会議室では、エメルが書類の山に囲まれていた。
 日本全土がドラゴンに再征服され、日本政府は事実上機能停止している。それでも、ムラクモ機関は国の特務組織として正常に運営されていた。
 なので、手続きに関する書類が自然と総長のエメルに溜まってゆくのだ。
 机から顔もあげずにサインを走らせ、ペンが滑る音と共にエメルは言葉を続けた。

「どうだ、帝竜は倒せたか。いや、雨はまだ止んではいない。となれば」
「とりあえず、要救助者を一名発見、保護しました」
「……他には? まさか、それだけか?」
「いえ。えっと、ナガミツちゃん。さっきのあれ、持ってきてくれる?」

 肩越しに振り返ると、ナガミツは「おう」とぶっきらぼうに応えて部屋を出ていった。
 成果なら勿論(もちろん)ある。
 それに、今のトゥリフィリには今回の戦いが見えてきつつあった。
 国会議事堂が耐えている間の、僅かなタイムリミットは今も迫ってきている。
 だが「急がば回れ」である。
 最速で最善手を実行するためには、敢えて回り道を選ぶことから逃げてはいけない。
 高く高くジャンプするためには、一度身をかがめることだって必要なのだ。

「エメルさん、六本木ヒルズでドラゴンと思しきものと戦闘になりました。それが多分、帝竜の末端……センサーユニットみたいなものだと思うんです」
「ふむ……ああ、話を続けろ。クソッ、どう計算しても配分する電力が足りん!」
「あ、あの、エメルさん?」
「続けろと言っている。独り言だ、気にせず報告しろ!」

 いつにもましてエメルは不機嫌だ。
 黙っていれば絶世の美少女、見目麗しい女の子なのに。
 十歳前後の容姿で悪態を撒き散らしながら、エメルは数字や文字と格闘していた。
 大変そうだなーと思いつつ、気を取り直してトゥリフィリは言葉を続ける。

「末端を倒しても意味はなさそうで、本体には全くダメージが伝わってないと思います。でも」
「でも? ああ、フン……(さか)しいじゃないか、フィー」
「はい。その触手部分からも立派にDz(ディーゼット)が回収できると思って。で、毒を持って毒を制すというか、そういう感じです」

 丁度、ナガミツが戻ってきた。
 その腕には、保存処理され専用の容器に収められた触手が入っている。驚くことに、まだ微かに動いていた。だが、硬化硝子(こうかガラス)で密封されているので、もう暴れる心配はない。
 トゥリフィリは改めてそれをエメルに見せ、今後の展望を語った。

「このDzから、酸の雨に対する耐性を持ったアイテムが作れないかなって」
「なるほど? 考えたものだな……敵が使う酸の詳細が、その触手を調べればすぐにわかるだろう。中和の方法も、Dzを使えば処理できるかもしれん」
「はい。で、でも」

 ここまでは計画通りだが、トゥリフィリには唯一の不安がある。
 それは、そうした複雑かつ高度な知識と技術が必要な仕事を……いったい誰が行うかということだ。ワジたち職人の手を借りることも考えたが、未知のDzを扱うにはかなりの経験がなければいけない。
 そして、唯一それを完璧にこなせる人間は、いまだ失意のドン底にいると聞いている。

「フィー、命令だ。すぐにあのバカを引きずり出してこい。ふんじばってでも作業させてやる」
「それは……やめてください。お願いします、エメルさん」
「つまらん感傷をこそやめろ、フィー。狩る者の使命を思い出せ」

 にべもない言葉で、エメルには一切の迷いが感じられない。
 そして、書類の山が片付けば本当にキリノの襟首(えりくび)を掴んで引っ張り出しそうだ。
 そう、キリノの頭脳ならば敵の力を新しい武器に変えられる。
 酸の雨を無効化できるアイテムがあれば、ダンジョンの探索も(はかど)(はず)だった。

「やめない」
「フィー? 貴様、話を聞いているのか」
「センチメンタルでも、やめない。それに、こういう気持ちはつまらないものじゃないと思います」
「クソッ! なにからなにまで足らん! 自衛隊に回す飯すらないのか! ……ああ、うん。フィーがそういうなら、まあ……そ、そこだけは撤回しよう」

 ようやく手を止め、エメルは顔をあげた。
 あどけない美貌が、疲れに陰っている。それなのに、大きな双眸(そうぼう)だけが紅蓮(ぐれん)の炎のようにギラついていた。

「私はヒュプノス、滅びた民の末裔(まつえい)だ。そして、肉体を捨てて己を概念化したことでこの地球にまだ存在できている」
「前に、少し聞きました」
「私は憎しみ、憎悪が具現化した概念の結晶だ。だから……感傷というものを知らん。いたわりや慈しみ、そういうものはアイテルの分野だからな」

 珍しくエメルが、少し寂しそうに笑った。
 笑ったというには、歪めた口元の線が妙に硬い。
 だが、似た者同士と言っても過言ではない少年が言葉を挟む。

「よう、エメル。あんた……自分が憎しみだけでできてると思ってんのか?」
「そうだ。そういうふうに生まれ直したからな」
「けど、どう育ったんだよ。どう生きてきて、誰となにをしてきたんだ? ずっとドラゴンと戦ってただけでも、毎日はよ、なんつーか……色々あんだろうがよ」

 ナガミツの言葉に、エメルは目を丸くした。
 そして、今度は愉快そうに鼻を鳴らす。
 それっきりなにも言わずに、エメルは仕事に戻った。
 背後で声がしたのは、そんな一連のやり取りが終わったあとだった。

「……僕にやれっていうのかい。今の、この僕に」

 トゥリフィリが振り向くと、杖をついたキリノが立っていた。ユーモアがあって前向きでポジティブ、13班にとって家族にも等しかった男だ。それが今は、見る影もない……まるで亡霊のように、ふらふらと頼りなく佇んでいる。
 だが、無理を承知でトゥリフィリは言葉を切った。

「キリノさん、お願いできますか? キリノさんにしかできない仕事なんです」
「僕は、もう無理だよ……右手もないし」
「……わかりました。無理言ってごめんなさい」
「無理強いは、しないのかい? 僕だってムラクモ機関の構成員だ、義務はある」
「ぼくは、ぼくたちは、いつだって弱い人、戦えない人のために戦ってます。そういうつもりなんです」
「そう、だったね……」

 短い沈黙が両者の間に横たわった。
 トゥリフィリは正直、本当に無理ならしょうがないと思っていた。あの厄介な酸を無効化できるなら、普段と同じ条件で戦える。あのダンジョンの最奥にて待つ帝竜は、酸の雨以上に強力な溶解攻撃を武器にしてくるだろうから。
 そして、まだ微かな希望を信じていた。
 信頼できる仲間の、絶望に抗う気持ちを信じているのだ。

「君はいつもずるいなあ、フィー。……ナガミツ、それを研究室に運んでくれるかい?」

 まだ、キリノの言葉に力はなかった。
 だが、その目にはようやく小さな光が灯る。
 急がば回れ、本当に立ち直ってほしいからこそ()かさないつもりだったが……トゥリフィリが信じた通り、キリノは立ち上がろうとしてくれた。立てなくても、這うようにして進んでくれる、そういう選択を彼もまた決断したのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》