《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》

 広がるは、熱砂の大砂漠。
 かつて都心部のホームタウンだった国分寺は、全てが枯れ果てた砂海(さかい)に飲み込まれていた。どこまでも続く同じ景色が、陽炎(りゅうさいがい)の中に揺らいでいる。
 トゥリフィリは腰からペットボトルを引き抜き、水の残量を確認して一口。
 (すで)にぬるくなって、まるで白湯(さゆ)だ。
 灼熱の太陽が照りつける中、すでに歩いて小一時間が経過している。
 ムラクモ機関のS級能力者(エスきゅうのうりょくしゃ)でなければ、今頃干物になっているだろう。

「あー、(あぢ)ぃ……俺様としたことが、もっと対策を講じてくれば……迂闊(うかつ)!」

 まるで冬眠終わりたての(くま)のように、目の前をだらけた状態でキジトラが歩いている。いつものTシャツにカーゴパンツ、そしてバンダナという姿だが、(みなぎ)る覇気だけが普段とは違って感じられない。
 その横には、暑苦しい詰め(えり)姿のままのナガミツがいた。

「キジトラ、こうした乾燥地帯ではむしろ、肌の露出を抑えるべきだろ。人間は体内水分の僅か8%失われただけで、活動不能……最悪、死にいたるからな」
「やかましい……そうか、それで貴様はクソむさい学ランなのか」
「俺の場合は服装と冷却機能に関係はねぇよ」
「……もはや突っ込む気力もない」

 同感だ。
 トゥリフィリも流石(さすが)に、普段通りとはいかない。
 かといって、一時間来た道であるからして、戻るのにも一時間はかかる。
 ここはこのまま進んで、先行している自衛隊の斥候(せっこう)チームに合流するのがマストだ。予め自衛隊は、ムラクモ13班のサポートのために物資を持って進んでいる。途中にベースキャンプを設けてくれる予定だ。
 つまり、そこまでは自力で進むしかない。

「うう、自販機ないかなあ……ないよね」
「俺様はコンビニを所望する……ガリガリ君、を……せめて、最期(さいご)に……」
「ちょっと、キジトラ先輩……しゃれに、ならないよぉ」

 こんな時でも、ナガミツだけは元気だった。
 彼は涼しい無表情で、遠くを指差す。

「フィー、2km先に自動販売機だ」
「えっ、ホント!?」
「辛うじて砂から突き出てる。尚、電源は喪失しているようだ」
「……あ、はい……ありがとね、ナガミツちゃん」

 因みに、先程砂に沈んで見なくなったコンビニの上を通ったという。
 既にもう、国分寺には人類の文明が全く残っていなかった。

「おいこら、ナガミツ……貴様、今すぐクーラーか扇風機になれんのか」
「それはどういう……?」
「学ラン着たアンドロイドなら、飯が炊けたりするだろう! 腹にコンセントがあるだろう!」
「……ねーよ。それに俺は、アンドロイドじゃない。人型戦闘機、斬竜刀(ざんりゅうとう)だ」

 不毛な会話が、不毛の大地に小さく響く。
 これはそろそろ本格的に参ってくるぞと、トゥリフィリも頭を抱えながら歩いた。
 そうしている間も、三人の足だけは一定の速度で歩き続けている。
 俊敏性や身体能力など、S級能力者の秀でた長所は様々だ。しかし、共通して言えるのは、(おおむ)ねフィジカルもメンタルも常人よりは頑丈にできている。
 だが、トゥリフィリはそれでも普通の女子高生、どこにでもいる平凡な女の子。
 ちょっと足が速くて、両親が護身術や銃器の扱いを教えてくれただけだ。
 多分、キジトラも似たようなものだろう。

「ん、おい……見ろよ、キジトラ」

 そんな時、ナガミツがなにかを見つけたらしい。
 だが、トゥリフィリには代わり映えしない砂の海が続いて見えたし、キジトラも同じだろう。

「なにもないぞ、バカモノ」
「よく見ろって、1.5km先だ」
「見えるか、ドアホゥ!」

 だんだん夫婦漫才(めおとまんざい)じみてきたが、この二人は奇妙なことに仲がいい。何故か最近、トゥリフィリは二人を見ているとニヤニヤしてしまうのだ。それなのに、時々胸がもやもやする。
 ナガミツは他のメンバーとも打ち解けはじめていたし、キジトラには遠慮がなかった。
 気心の知れた親友のようでもあり、悪戯(いたずら)好きな悪友同士にも見える。

「自衛隊の車両がひっくり返ってる。……マモノかっ!」

 綺麗な硝子(がらす)を散りばめたような目を、ナガミツは細めて瞳孔を変化させる。
 瞳は彼にとって光学センサーであり、それ以上の意味を持たない。
 そして、人間を遥かに凌駕(りょうが)する視覚能力が与えられていた。
 それでも、トゥリフィリにだってそれは『綺麗な目』である以上の意味を感じなかった。

「ナガミツちゃん、ダッシュ! 先行して自衛隊さんを助けて! 人命優先!」
「おう!」

 言うが早いか、ナガミツが砂煙を巻き上げ消えた。
 あっという間に熱気を(はら)んだ風が、周囲へと広がってゆく。
 トゥリフィリもキジトラと(うなず)きを交わすと、出せる精一杯の速度で走り出す。思った以上に体力の消耗が激しいが、ここで惜しんだ一秒は一人の人間を殺すかも知れない。十秒遅れれば、自衛隊の隊員達は全滅してしまうかもしれないのだ。
 重い脚に(むち)を入れるようにして、トゥリフィリは走る。
 露骨に苦しげな表情をしていたが、キジトラは全速力でその前を駆け抜けていった。
 そして、徐々に横転したトラックが見えてくる。

「皆さん、無事ですかっ!」

 トゥリフィリは銃を抜きつつ、叫んだ。
 出入りする空気が熱くて、乾いた喉を()く。
 ナガミツは既に、巨大なワーム状のマモノを仕留めたあとだった。

「おお、13班! すまない、こっちがサポートする側なのに、助けられたよ」
「物資は無事だ、水も食料もある。今、テントで日陰を作ろうとしてたんだが」
「それより、その……ちょっと、困ったことになっていてね」

 隊員達は皆、軽傷のようだ。すぐに安全が確保されると、予定通りの作業を始める。
 だが、そんな風景の中に巨大な違和感が立ち尽くしていた。
 トゥリフィリはすぐに、隊員達の困り事をさっする。

「えっと……この子、要救助者、ですか?」
「だと、思ったんだがね。その……最初のマモノは、彼女が倒してくれたんだ」

 そこには、隊員達にあやされ(なぐさ)められる、スタイル抜群の美少女が立っていた。見上げるような長身で、ナガミツよりも背が高い。思わずトゥリフィリが自分の胸に手を当ててしまう、抜群にグラマラスなナイスバディである。
 だが、そんな彼女がわんわんと声を上げて泣いているのだ。
 まるで大きな幼女である。

「うえーん! う、うぐ、ひっく……う、うう……びえーっ!」
「あ、えと……あのー、ど、どこか痛いですか?」
「うう、あのね、んとね……ぐす。エリヤね、迷子なの……迷子……う、ううっ! うおーんおんおん!」

 どうやら巨大幼女の名は、エリヤというらしい。そして、彼女は背伸びするトゥリフィリに鼻水を拭いてもらいながら、遠くを指差した。
 見れば、遥か向こうに蜃気楼(しんきろう)のように……廃工場らしき施設がぼんやりと見えるのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》