《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》

 ふと目を覚ましたトゥリフィリは、ナガミツの腕に抱かれていた。
 どうやら二人きりのVIP(ビップ)ルームで、ソファでくつろいだまま寝てしまったらしい。見上げれば、丁度ナガミツもゆっくりと(まぶた)を開く。
 お互い言葉を選ぶ中でも、先程の夢を共有した一夜が確かに感じられた。

「お、おはよ……ナガミツちゃん」
「おう、おはようフィー」
「夢、見てたね。一緒に」
「ああ。夢だったけど、俺は……俺たちは確かに受け取った」

 そう、(たく)された。
 遥かな(とき)の果てで、いつか人類戦士と呼ばれる男から託された。
 それは、人類の明日であり、この星の未来かもしれない。
 その全てであり、ほんのささやかな願いでもある。
 だが、タケハヤの想いを共有して分かち合った二人は、改めて決意と覚悟を言葉にする必要を感じなかった。自然と、どちらからともなくそっと(ほお)に触れる。そうして、静かに(くちびる)を重ねた。
 ぎこちないナガミツのキスは、初めてのトゥリフィリにも緊張を伝えてくる。
 不器用だが真摯な気持ちも一緒に。

「ん……ナガミツちゃん、えっと」
「あ、ああ。その……どうだ?」
「どうだ、って言われても……ぼくだって初めてだから」
「そ、そうなのか!?」
「そうだよっ! ……なんか、変なキス。でも、伝わったよ? 沢山、全部」

 自然と笑みが浮かんで、トゥリフィリはナガミツを強く強く抱き締めた。
 驚いた様子を見せたが、ナガミツもそっと両腕で包んでくれる。
 だが、二人の蜜月(みつげつ)の朝は長くは続かなかった。
 不意にドアがけたたましくノックされる。

「班長! ナガミツも、そこにいるな! ええい、服を着たら開けてくれ。緊急だ!」

 声の主はキジトラだ。
 しかも、常に不敵な余裕をたたえた彼が、今ばかりは逼迫(ひっぱく)した声を張り上げている。
 それだけでもう、ただごとではないと感じられた。
 そして、先程の夢を思い出す。
 キジトラは突然、フレッサに呼び出されて退場したのだ。流石(さすが)は魔女だと言うしかない、反則スレスレの荒業(あらわざ)だったのを今でも覚えている。
 そのキジトラに()かされて、慌てて二人は離れた。
 軽く身なりを整え、ドアを開ければ血相を変えた顔が出迎えてくれる。

「おう、いたな! どうだ、ナガミツ! 昨夜はお楽しみでしたね、というやつか!」
「なんだそりゃ、キジトラ。意味がわからん。それより……夢を、覚えてるか?」
「あ? 夢だぁ? ……そういえば、妙な夢を見た、気がする。それなのに、(もや)がかかったように思い出せず……と、それよりだ! ついてこい!」

 慌てた様子でキジトラが走り出す。
 その背を追って、トゥリフィリはナガミツと共に都庁を下へと降り始めた。
 エレベーターを待つのももどかしいのか、転がるように階段を駆け下りる。
 ナガミツと一緒にキジトラを追うトゥリフィリは、胸中に妙な胸騒ぎを感じた。不安、それも大きな喪失を呼び込むような冷たさだ。酷く落ち着かなくて、その正体が全くわからないのがもどかしい。
 キジトラはかいつまんで、状況を教えてくれた。

「今朝、キリ坊が目を覚ましてな」
「あっ、キリちゃんも起きたんだ……よかった」
「寝過ぎだっつーの。……無事、なんだな?」

 ナガミツの言葉に、キジトラは重々しく(うなず)く。
 しかし、その様子は仲間の目覚めを喜べていなかった。

「二人共、キリ坊の実家の話は知っているな?」
「えっと……羽々斬(ハバキリ)の巫女、だっけ」
「そうだ。神代(かみよ)の太古より続く、凶祓(まがばらい)の血筋……間違いなく、人類最古の斬竜刀(ざんりゅうとう)だ」

 キジトラの言葉に、ちょっと()ねたようにナガミツが鼻を鳴らした。
 だが、トゥリフィリはもう知っている。二人はもう、互いを認めあっている。どっちが本物の斬竜刀か、どっちが優れた斬竜刀かはもう、関係ないのだ。
 昔のもののふ、さぶらいは腰に大小を差してこそ一人前と聞く。
 つまりはそういうことだと、トゥリフィリは自分の中で納得していた。
 大小二振りの斬竜刀、それを腰にはく者こそがトゥリフィリだと、二人が思ってるとも知らずに。
 そして、キジトラの言葉は緊迫感を増してゆく。

「羽々斬の巫女の使命は、二つ。一つは日ノ本(ひのもと)を守り、戦うこと。魔を裂き邪を断ち割って、竜をも斬り伏せる。もう一つは――」

 トゥリフィリは耳を疑った。
 キジトラの言葉は、14歳の少女であるキリコにはあまりにも現実感がなさすぎる。
 同じことを思ったのか、ストレートに聴き返すナガミツの声は(とが)っていた。

「子供を産むこと、だぁ!? おうこら、キジトラ! 子供に子供を産めってのかよ!」
「……それがならわし、らしい」
「らしい、ってオイオイ、なんだそりゃ! キリは俺たちと一緒に戦った! 必死に! それが、役目が済んだらあとは、次の巫女を産んで終わりかよ」
「俺様に言うな、俺様に! ……納得してる者などいないし、キリ坊のあれは納得ではない。あれは諦めというのだ、あのバカモノめ。あんな顔で笑うとはな」

 あっという間に、トゥリフィリたちは一階のエントランスに到着した。
 そこは人混みでごった返していて、なにやら揉めているらしい。
 どうにか避難民たちをかき分け、その中心へと三人は急ぐ。
 視界が開けるとそこには……セーラー服を着た包帯姿のキリコがいた。彼女はトゥリフィリたちに気付くと、周囲の黒服たちを手で下がらせ、歩み寄ってくる。
 そう、なにやら物々しい黒服の男たちが、キリコを迎えに来ていた。
 警護というには物騒な雰囲気で、まるで監視だ。
 それなのに、どこか今日のキリコはいつになく晴れやかな笑顔だった。

「トゥリねえ、ナガミツも。ひょっとして、見送りにきてくれたの? ふふ、ありがとう」
「キリちゃん、あのっ! ね、ねえ、どうしたの?」
「ん、ちょっと……もう竜災害の脅威は取り除かれたから。私には、他にもなすべきことがあるんだ。だから、お別れ。トゥリねえ、ナガミツ……今までありがとう」

 キリコはトゥリフィリの手を取った。
 そして、ナガミツの手も取り、その両方を重ねる。
 微笑(ほほえ)むキリコの(まぶた)が、今にも決壊しそうな程に濡れているのがすぐにわかった。

「トゥリねえもナガミツも、好きだった。私は自分が誰なのか、俺はどこにいったのかわからなくなりそうで……でも、今は二人が好き。だから……ずっと、私の好きな二人でいて。二人で一緒に、これからも」

 そう言うと、キリコは手を離した。
 時間だとばかりに、周囲の男たちが彼女を連れて行こうとする。
 呆然(ぼうぜん)とするしかできず、突然のことでトゥリフィリはなにもできず、言葉もかけてやれない。ふと見れば、シイナやノリト、そして13班の全員が身を乗り出していた。ゆずりはたち回収班の面々もいるし、キリノやリンといった上層部の者たちも一緒だ。
 だが、誰も口を挟めないし、見えない壁でもあるかのように前に踏み出せない。
 ――ナガミツ以外の誰もが。

「おい待て、キリッ! お前、行くんじゃねえよ! なにしてんだよ、なあ!」

 駆け寄ろうとするナガミツは、すぐに警護の男たちに押し止められる。男たちの鍛え方もあるが、今のナガミツはまだまだ修復中でフルパワーは出せないようだ。
 それでも彼は、身を(よじ)って声を張り上げた。

「大事な使命ってなんだよ! なすべきことって……それがお前のやりたいことか! 俺たちと一緒にいるより大事なことなのかよ! 俺とお前、二人で斬竜刀だって――」

 その瞬間だった。
 不意に、細身のすらりとした影がトゥリフィリの視界を横切る。
 彼は――そう、若い少年だった――手にした太刀を(さや)ごとナガミツへと振り上げた。
 鈍い音が響いて、当身でナガミツが床へと突っ伏す。
 やはり、ナガミツは今は本調子ではない。そう思っていると、謎の少年はサングラスを外す。そこには、驚きの顔があった。
 同じ驚きを感じたのか、ゆずりはの隣でカネミツが「て、手前(てめ)ぇ!」と声をあげた。

「手間をかけさせるな、オリジナル。巫女様には高貴なる義務がある。造られただけの僕たちとは違うんだ」

 それだけ言って、少年は行ってしまった。
 なにか言いたげなキリコも、連れ去られてしまう。
 だが、トゥリフィリは唐突な敗北感の中で言葉を失っていた。
 何故(なぜ)なら……謎の少年は、 () () () () () () () () () () () () () () () () () () () ()
 こうして西暦2020年の竜災害は、人類の勝利で幕を閉じる。
 さらなる戦いが待つとも知らず、巡る季節が冬を連れてくるのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》