《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》
 スーリャの意識は、闇の中を真上へと落下していた。
 なにもない虚無の空間は、ひたすらに寒くて冷たい。
 そして、混濁(こんだく)する記憶が悪夢となって浮かび上がる。捨ててきた過去の数々はいつも、ひどく粗野で傲慢(傲慢)な声で語られた。

『よぉ……今度こそくたばったか? ええ?』

 男の声だ。
 いつも、彼の声がスーリャに現実を突きつけてくる。
 自分がどういう存在なのか、心の底に刻みつけてくるのだ。
 そして、乱舞する言葉が(やじり)となって彼女を串刺しにする。

『あの女は異形の子を(はら)んで、気が触れちまったんだ!』
『村を出てゆけ! 消えろ! お前も母親みたいに(はりつけ)にされたいか!』
『まいったなあ……そんな(からだ)じゃ客は取れねえ。だが、いい買い手がある』

 子供の頃からスーリャは孤独だった。
 彼女に声をかけてくる者は、(わず)かな金と引き換えにスーリャの明日を勝手に選ぶ。そうして故郷を追われ、夜の街を彷徨(さまよ)い、最後には犯罪組織の殺し屋に身をやつしていた。
 幼い少年少女だけを集め、一流の始末屋に仕立て上げる組織がある。
 そこでは皆、最初に自分の心を殺すのだ。
 だが、スーリャが殺した自分の心の、その奥からいつも男の声がする。

『そろそろ楽になるか? おい。母親んとこに行ったらどうだ』

 スーリャはただ、黙ってその声に首を横に振る。
 そのまま彼女は、裸の意識を丸めて膝を抱えた。
 どこまでも、落ちてゆく。
 上下左右のない深層心理の中を、奈落(ならく)へ向かうかのように()ちてゆく。
 自分の人生が終わるのかと思えば、最後に奇妙なことをしたものだと思った。まさか、冒険者と共闘することになるとは、夢にも思わなかった。
 依頼は結局、果たせなかった。
 背教者(はいきょうしゃ)フォリスと死体人形、そしてコシチェイ家の御曹司(おんぞうし)……暗殺を仕損じたのは初めてだ。たとえ生きていたとしても、もうスーリャには生き続ける術がない。組織は失敗を許さないし、
スーリャは暗殺という舞台劇の一番安い端役(はやく)なのだ。
 男の声は続く。

『ま、いいさ。お前とはもう、これっきりかと思うと……ハハッ、実にどうでもいい』
「そう……私も、もう……どうでもいい」
『お? やっと口をききやがったな。どうでもいい……なら、意外とどうにかなるもんだぜ。そして、どうなってもいいなら……もう少し生きてみろや』

 それだけ言って下品に笑うと、男の声は遠ざかる。
 それが永遠に消えてゆくのだと、漠然(ばくぜん)とスーリャは思った。
 何故か、お父さんという言葉が脳裏に浮かんで、そして……光。


 目を覚ましたスーリャが見たのは、見知らぬ天井。そして、自分は清潔なベッドの上に寝かされていた。驚きつつ警戒心を励起(れいき)させながら、上体を起こす。
 全裸に包帯姿で、全身を痛みが包んで生還を伝えてくれた。

「目が覚めた、ようだな」

 ぼんやりとした声が響いて、スーリャはすぐさま臨戦態勢をとった。
 ……とろうとした。
 だが、身体が思うように動かない。
 それでも殺気を(みなぎ)らせて見やれば、壁に寄り掛かる一人の男が立っていた。華奢(きゃしゃ)で小さく、屍術士(ネクロマンサー)装束(しょうぞく)を着ている。それは暗殺対象の一人、フォリスだった。

「……背教者、フォリス・ヴィーニッヒ」
「その名も、もう慣れた。それより……傷の具合はどうだ?」
「傷……何故(なぜ)、手当を? 私は、どうして……どうやって、生きてる?」
「そこのノァンが輸血して助けたんだ。彼女の血は、どんな人間にもマッチする」

 言われて初めて、スーリャは気付いた。
 自分が寝かされていたベッドに、突っ伏すようにして一人の少女がいびきをかいている。フガースピーと、爆睡している。それは、スーリャが死体人形と呼んでいたフォリスの作品……彼が背教者と呼ばれる所以(ゆえん)だ。
 屍術士は死霊(しりょう)を操り、死体を使役することも(いと)わない。
 だが、屍術士にとっても挟持(きょうじ)があり、超えてはいけない一線がある。
 死を(つかさど)るからこそ、死者を(もてあそ)んではいけないのだ。

「スーリャ、だったな。お前は、その……出血多量で、死にそうだった」
「知っている。それを、何故……助けた?」
「すんません、それは……ノァンに、許すことを教えたかった。許しというものを知ってほしかったんだ」

 フォリスはぼそぼそと喋り出した。
 かつて、住んでいた街でカルト教団に恋人と友人一同を殺された。惨殺されたのだ。それはスーリャも、資料で見て知っている。そして……街でも評判の屍術士、冠婚葬祭(かんこんそうさい)を細々と商う青年は豹変した。
 禁忌(きんき)を犯したのだ。
 怨嗟(えんさ)憎悪(ぞうお)に駆り立てられるまま、複数の死体から復讐装置を生み出した。
 七人の男女を()()ぎして造られた、死体人形のできあがりである。
 そして彼は、(かたき)を討って追われる身になったのだった。

「俺は、許せなかった……そして、許さなかった」
「狂信者達を皆殺しにしたと聞いている」
「そうだ。そして……ノァンはまだ、許しというものを知らない。生まれたばかりで、彼女にはまだまだ知らないことが沢山あるんだ」
「それで、試しに私を許させてみようというのか。……許されるものか」

 スーリャは人ならざるものを父親に持った、両性具有の己を恥じていた。まともな人間ではないし、まともな仕事もしたことがない。今日を生きるためだけに、他人の明日を奪い続けてきた。
 スーリャは自分自身が許せないのだ。
 そんな彼女を、無知で無垢な死体人形が許せる(はず)がない、そう思った。
 だが、ムニャムニャと目を(こす)りながら、スーリャの声にノァンが起き上がる。

「ほえ……んあ、寝てたです。なんだかちょっと、手足が重いのです」
「ノァン、血を分け過ぎたからだよ。ほら……スーリャが目覚めた。お前が助けたんだ。血を分け与えて、介抱して……ニカやギルドの仲間達も手を貸してくれた」
「あ、マスター! そです、アタシも頑張ったです! ……起きた、ですか……むーっ!」

 ノァンはすぐ、難しい顔になって腕組み(うな)った。
 だが、次の瞬間にはグイと身を乗り出してくる。スーリャのすぐ目の前、鼻先に左右別々の瞳が色を並べていた。赤と緑の双眸(そうぼう)に、無表情な自分の顔が映っていた。

「アタシ、許すの頑張るです! だから、とりあえず怪我を治すのです!」
「……わかった。どのみち私に選択権は、ない」
「それと! なんかお礼くださいです! アタシ、いい子だからお礼のシナジナーだけでいいです!」

 フォリスが苦笑して「ノァン」とやんわり(とが)めた。
 だが、鼻息も荒くフンスフンスとノァンは詰め寄ってくる。

「謝礼、か……私には、なにもない。私は、殺すことしかできない。……ノァン、殺してほしい人間は、いるだろうか」
「ほむ! 殺してほしー人間……んー、んん? アタシは冒険者をやってるので、そういう人はいないのです。でも、マスターをいじめる人とは戦うです」
「……わかった。恩の返し方を考える間、お前をお前の主ごと、守る。それで……いい?」
「はいです! あ、わかったです……ムフフ、アタシやっぱり賢いのです。これがいわゆる、許すというやつなのです! マスター、許すは結構イイモノなのです!」

 白い歯を見せて、ニッカリとノァンが笑った。
 この時初めて、スーリャは知った。
 ノァンほど(まぶ)しくもなく、輝きなどないのに……それなのに、スーリャも気付けば笑っていた。自然と(ほお)(ゆる)んだ、(わず)かに口元が柔らかな笑みを浮かべていたのだった。
 こうしてスーリャは、怪我が治るまでジェネッタの宿に世話になることになった。
 もう、誰の明日も刈り取らなくていい……そういう明日が未来に繋がっている気がした。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》