《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》

 逆巻く光の奔流(ほんりゅう)が、圧倒的な熱量でニカノールたちを包んだ。
 それが、星喰(ほしくい)の最初の攻撃。
 まず攻撃ありきの、害意と悪意で燃え盛る白焔(はくえん)(ほとばし)る。
 まるで全てが漂白されてゆくような錯覚の中、ニカノールは見た。

「ッ、グ! あ、ああ……エランテ! クァイ!」

 嘲笑(あざわら)うかのような星喰の下に、小さな小さな少女が両手を広げていた。
 そこから広がるほのかな、とても優しい光が炎に拮抗している。
 とても(はかな)げにゆらめく、それはブラニーの秘術。アルカディア大陸に生きる四種族がそれぞれに持つ、特別な力だった。
 静かに、そして確かに光の盾が若草色に輝く。
 その影に守られて、ニカノールたちは消滅の危機を免れていた。
 だが、おぞましい叫び声と共に星喰が震えれば、視界が輪郭と色彩を奪われる。

 そして、気付けばニカノールは……なにもない場所に立っていた。

 無に満ちて、静寂。

 天も地もなく、時間と空間も感じられない。

 ただ、目の前になにかがいた。
 そこだけが黒く歪んで直視できず、気配と存在感だけが薄れながら揺れている。なにかが消える間際の、その瞬間が永遠に引き伸ばされているのだ。
 そしてニカノールは、小さくなってゆく魔性の正体に気付いた。

「……そこにいるのは、クァイ、なのかい?」

 頷くような気配があった。
 そして、くぐもる声が苦しげに絞り出される。

「ク、ハ、ハハ……不意打ちたあ、身も蓋もない野郎じゃないか。なあ、ニカよう」
「そう、だね。でも、君が守ってくれたんだよ?」
「夢を、喰っちまったからなあ。あの子の、夢を……知っているかい、ニカ。あの娘の、エランテの夢を」

 聴こえる声が遠ざかるような、薄れてゆくような感覚があった。
 目の前で(うごめ)く真っ黒ななにかが、微笑んでいるのだけがわかる。そう感じるからか、不思議とニカノールは怖くなかった。

「エランテは、小さな名も無き村の娘でな……地図にも載ってない田舎だ。でも、あの子は……冒険者になりたかったんだ」

 初耳だ。
 常にエランテは眠っていて、彼女の身体を借りて戦ってくれるのは常にクァイだった。そのクァイが宿主を語るのも初めてで、でもそれがとても自然に思える。

「知らなかったよ、クァイ。でも、今知った。ならもう、わかったよ」
「……頼める、か?」
勿論(もちろん)、他ならぬ仲間の頼み、クァイの願いならね。知らないのかい? 冒険者は義理堅いんだ」
「ク、ハハ! ハ! 知っていたよ。ハハ……ニカ、お前は、本当に」


 ―― () () () () () () ()
 それだけ言って、影が霧散(むさん)してゆく。
 その中から確かに、ニカノールは小さな女の子を受け取り抱き締めた。
 なにもない無が()いだ空間で、エランテの身体だけが温かかった。
 そして、不意に意識と感覚が現実に戻ってくる。
 気がつけばニカノールは、()けた空気の中にうずくまっていた。

「……受け取ったよ、クァイ。夢は、味わえたかい?」

 返答はないし、聞く必要もなかった。
 そして、頭上には今……見難い顔をひきつらせる星喰の姿が浮かんでいる。
 初手から恐るべき攻撃をしかけてきたが、その様子が妙だ。
 それに最初に気付いた男が、そっと盾を構えて前に立つ。

「よお、ニカ……ひょっとしてオイラたち、クァイの旦那にでかい借りを作っちまったかい?」
「そう、みたいだね。なら、借りは返すだけだ」
「そうでなくちゃな。どれ……おっぱじめようじゃないの」

 コッペペが銃を抜けば、他の者たちも即座に身構えた。
 みんな、無事だ。
 怪我一つない。
 クァイが、エランテが守ってくれたからだ。
 恐らく、ブラニーのユニオンスキル……イージスの盾と呼ばれる絶対防御の法がなければ危なかっただろう。この場所は消滅し、ニカノールたちは骨すら残らない。
 そして、アルコンの哀しみと世界樹ごと、この惑星は喰われる。
 だが、そうはならなかったのだ。
 星喰の悪食(あくじき)に、夢喰いの矜持(きょうじ)が勝ったのである。

「みろよ、ニカ……やっこさん、初っ端から気合い入れすぎたせいか、お疲れのようだぜ?」

 コッペペの言う通りだった。
 星喰は苦しげに身悶(みもだ)え、ダメージを表情に(にじ)ませている。
 その全身から、禍々(まがまが)しく生えていた無数の機器がボロボロと崩れ始めていた。どの器官にも恐るべき力が秘められていそうだが、それを一気に全部使い果たしたかのようだ。
 他の仲間もそう思ったのか、真っ先にノァンが気勢を叫ぶ。

「ニカ! みんなも見るです! 星喰がべっこり(へこ)んでるです!」

 そう、中央の核ブロックを残して、あっという間に星喰は丸裸になってしまった。
 罠かもしれないという警戒心もささくれ立つが、ニカノールにとっても答えは一つしか思い浮かばない。躊躇(ちゅうちょ)している余裕もないし、そうする理由なんて皆無だ。
 そっと横に並んでくれたワシリーサに、眠るエランテの身体を預ける。
 そして、即座にニカノールは周囲に三体の死霊を呼び出した。

「よし、やろうかみんな……今度は僕たちの番だ。星より重い一撃、たらふく喰らわせてやろう」
「ええ、ニカ様! わたしも援護します。わたしは、ワーシャは……初めて許してはならぬものを知りました!」

 珍しく、あの温厚で穏やかなワシリーサが怒っていた。
 ()ねてみせることはあったし、女の子のずるさを見せてくれることもあった。だが、怒ったワシリーサを見るのは初めてかもしれない。
 端正な表情が今、凛々しく引き締められている。
 彼女の大きな瞳は、苦悶に喘ぐ星喰を見定めていた。
 そして、そんなワシリーサに影のように寄り添う長身も大鎌を(ひるがえ)す。

「ニカ、そしてノァン。ついでに、コッペペ。ワーシャは私が必ず守る」
「おいおい、オイラはついでかい? スゥちゃんよぉ」
「コッペペからも守ろう。悪い虫がつくのは、それはいけないことだからな」
「トホホ……オイラってば信用ないのね。んじゃま」

 へらりと笑ったコッペペの表情が一変した。
 最前線に立つ彼の背中が、いつもの何倍も大きく見える。
 そこには確かに、初めて本気を見せる熟練冒険者の姿があった。

「みんなで星喰をやっつけて、逆にお星さまにしてやるです! ううぅ〜、わあああっ!」

 気迫を叫んで、ノァンが走り出す。
 ニカノールも死霊を操り、改めて戦いを仕切り直した。
 真の死闘が幕を開け、未来が天秤の上で揺れ始めた瞬間だった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ|次へ》