《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》

 魔宮(ダンジョン)と化した新宿都庁舎……逆サ都庁(サカサトチョウ)をトゥリフィリは歩く。
 こんな時、ネットワークと電算技術を駆使したカジカのサポートがありがたい。そして前方では、ガトウと一緒にナガミツが道を作って進んでくれる。
 すぐ側では、全てを見守りフォローするように、ナガレが銃を構えていた。
 一見して優男(やさおとこ)風だが、ナガレは凄腕の銃さばきでパーティを守ってくれた。
 思わずトゥリフィリは、ナガレの横顔をまじまじと見詰めてしまう。視線に気付いたナガレは、少し照れくさそうに細い目をさらに細めた。

「どうかしたかい? お嬢ちゃん。その、少し照れるな」
「あっ、ごめんなさい! その……ちょっと、パパに似てるかなって」
「お父さん?」
「はい。ずっと外国で、仕事もなんだかよくわからなくて。でも、ぼくに身を守る術を教えてくれたパパ……その技術と知識があるから、今はみんなを守って戦える」
「尊敬してるんだね、お父さんのことを」

 言われて始めて自分の感情に気付き、少し気恥ずかしくてトゥリフィリは赤面に(うつむ)く。
 父も母も、物心付いた時から仕事で世界中を飛び回っている。なんの仕事をしてるかは知らないが、大きくなるにつれ漠然とだが理解した。悪事を働いてはいないが、法に触れるギリギリの場所で危険な仕事をしている。法で守れぬなにかを、命をかけて守っている。
 一年に数度しか会えないが、トゥリフィリはそんな両親が誇らしかった。
 その面影(おもかげ)が、自然とナガレに重なる。
 ナガレは苦笑しつつ、周囲に目を配りながら(あご)をしゃくった。
 ガトウとナガミツが振り向き、曲がり角の奥の階段を確保する。

「そうだね、俺も娘がいたら……きっと君みたいな強い子に育てたかもしれない」
「ナガレさん……」
「残念ながら妻との間に子供をもうける機会がなくてね。でも、そういう自分を支えてくれる妻のお陰で、今日もこうして戦えてる。君も同じだろう?」
「そう、ですね。ぼくたち、こうしている間も沢山の人に助けられてる」
「ま、そゆこった。……都庁、取り返そうな。今度うちに遊びにおいで。妻のシチューは絶品さ。なにせ、秘密があるからね」
「秘密のシチュー?」
「ああ……これは秘密なんだがね」

 全員で階段を登って、屋上へ通じる鉄の扉で立ち止まる。目配(めくば)せして頷き合う仲間たちに気持ちを重ねながらも、トゥリフィリは軽口をやめないナガレがありがたかった。
 再び、帝竜と呼ばれるあの巨大なドラゴンと戦う。
 勝てねば、この都庁を取り戻すことはできない。
 そして、敗北すればそこでトゥリフィリたちのささやかな反攻は(つい)えてしまうのだ。
 突入直前にナガレは、手の指でサインをガトウに送ってから笑う。

「妻のシチューを作ってるのは……実は、 () () () () () () () () () () () () () ()
「!……凄い、秘密ですね」
「だろう? いつかお嬢ちゃんにとびきりのシチューをご馳走するよ。じゃあ、行こう」

 五人全員で息を合わせて、タイミングよく飛び出す。
 ドアを蹴り破ったガトウは、重戦車のように雄叫びを上げながら竜の群れへと飛び込んだ。続くナガミツも、ガトウに張り合うように周囲のマモノを片付け始める。
 そして、トゥリフィリは見た。
 逆さまに天へと屹立する都庁、その屋上で……巨大な(あか)い影が振り返る。
 頭上に広がる大地を仰ぐ、巨大な帝竜ウォークライ。
 その圧倒的な威圧感が、ビリビリとトゥリフィリの肌を泡立てた。
 だが、すぐにガトウとナガミツの頼もしい声が走り出す。

「ついてきな、ボウズ! 気持ちで負けるんじゃねえぞっ!」
「戦術実行、排除開始……俺に気持ちなんて不確定要素(イレギュラー)はねえよ」

 弾丸のように飛び出す男たちに、ウォークライの絶叫が浴びせられる。
 トゥリフィリは周囲のマモノやドラゴンを牽制しつつ、二人の機動を導くように援護射撃を放った。彼女が()じ込む弾丸が、前衛の進む道を()じ開ける。
 背後ではナガレに守られながら、カジカがいつもの調子で光学キーボードを叩いていた。
 開かれた戦端は、トゥリフィリたちに決戦を感じさせる。
 気を抜けば恐怖に飲み込まれてしまいそうな中、思考と感情を細く絞ってトゥリフィリは戦い続けた。脚を使って撹乱(かくらん)しながら、二人の拳士が大技を放った隙をフォローする。
 戦える、攻めて守っての戦闘が成立している。
 確かな手応えを感じた、その瞬間だった。
 不意にウォークライは大きく息を吸い込んだ。
 周囲の気圧が変動するほどの異変に、耳の奥がキンと痛む。

「チィ! やべぇな、おいナガレ! やっこさん、なにかする気だ。って、待てボウズ!」
「対象に危険度SSクラスの攻撃予兆を確認……先手を打って、黙らせるっ!」

 ガトウの制止を振り切るように、ナガミツが拳を振りかぶる。
 次の瞬間、周囲の空気が沸騰(ふっとう)して牙を剥いた。
 絶叫を迸らせるウォークライから、肉眼で目視できる程の衝撃波が広がる。超振動音波でかき混ぜられた空気は、あっという間に熱を帯びて屋上を薙ぎ払った。
 例えるなら、灼けた熱波の津波だ。
 そして、咄嗟(とっさ)に身構え自分を守ろうとしたトゥリフィリは見た。
 乾坤一擲(けんこんいってき)の一撃を握り締めたナガミツが、吹き飛ばされた背後の壁にクレーターを穿(うが)つのを。あのガトウさえも、ガードを固めて両脚で(わだち)を刻んでいる。
 唖然(あぜん)とするトゥリフィリは……目の前に両手を広げた影に絶句した。

「あ、ああ……ナガレ、さん」
「よぉ、お嬢ちゃん……怪我ぁ、ないかい? へへ……」

 ニヤリと笑ったナガレは、そのまま血を吐いて倒れた。
 思わず(すく)んで両足の力が抜けたが、トゥリフィリは慌ててナガレを抱きとめる。両腕の中で出血を続ける熱量が、どんどん冷たくなってゆくのがわかった。
 声にならない悲鳴が動悸を狂わせ、過呼吸寸前で言葉が出てこない。
 ただ震えながらナガレを抱き締めるトゥリフィリに、カジカが駆け寄ってきた。見ればカジカも、派手に出血して顔の半分が真っ赤だ。だが、そこにいつもの(ひょう)げた気さくな中年紳士の表情はなかった。

「ちょいとごめんよ! 悪いけどどいてくれっかな……ナガレ、死ぬな。死ぬんじゃないっての……飲みに行くんでしょお? なあ……待ってな、今から直接心臓を」

 あっという間にトゥリフィリたち人間の戦線は決壊した。
 決死の抵抗を試みた人間は、改めてドラゴンに思い知らされた……己の弱さと、天敵の強さを。命を賭けての勝負に挑む、その価値を感じた瞬間に全ては御破算(ごはさん)になったのだ。
 呆然(ぼうぜん)とするトゥリフィリへと、ウォークライが両腕を振り上げる。
 目の前ではカジカが、必死の蘇生をナガレに試みていた。電脳空間を自在に駆使するハッカーは、人間の神経を走る微弱な電気信号すら自在に操る。だが、いくら電気的な刺激を加えても、ナガレは目を見開いたまま動かなくなっていた。

「あ、ああ……ッ! 駄目だ、駄目だよぼくっ! 今度は……ぼくが二人を守らなきゃ」

 怯える心に身体が強張り、恐怖に飲み込まれて感覚が鈍っている。
 それでも、トゥリフィリは銃を構える。
 そんな彼女の前に、ふらふらになりながらナガミツが立った。
 満身創痍(まんしんそうい)という形容がぴったりのナガミツは、火花に飾られた右手をだらりとぶら下げている。だが、まだ無事な左手に拳を握って、背にトゥリフィリを庇うように身構えた。
 舌打ちしつつガトウもバキバキと奥歯を噛み締めている。
 轟音が響いたのは、そんな時だった。
 頭上に地面を見上げたガトウが、忌々(いまいま)しそうに顔を歪めた。

「自衛隊か! お前らじゃ危険だ! ……いや、違うか? これは――」

 突然、地面を這うような高度で自衛隊の輸送機が通り過ぎた。その爆音を見上げたウォークライが、瞳を見開く。天地に裂けた口の奥から、マグマのような炎がせり上がっていた。
 だが……灼熱のブレスが放たれる前に光が走る。
 一閃の(きら)めきが、ウォークライの悲鳴と流血をもたらした。
 そして、トゥリフィリは言葉を失う。
 猛スピードで通り過ぎた輸送機から飛び降りてきたのは……セーラー服姿で日本刀を手にした少女だ。酷く華奢(きゃしゃ)で細いシルエットには、見覚えがある。
 全身のいたるところで包帯を風に遊ばせ、長い黒髪を棚引(たなび)かせた少女。

「あ、あれは……えっ、嘘……キリコ、さん。ううん……サキさん?」

 そこには、あの日に目の前で無残に殺された少女の姿があった。見間違えようがない程に似ていて、少し裾がほつれてボロになりかけのセーラー服だけが違う。そして、その着衣の血に汚れた雰囲気が、死地よりの生還を自然と想起させるのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》