《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》

 雨が降っていた。
 まるで天が泣いているようだ。
 広がる空へと(いびつ)天球儀(てんきゅうぎ)を押し付けられ、その中で無数の命を散華(さんげ)させられたのだ。
 トゥリフィリは忙しい一日を振り返り、呆然(ぼうぜん)としていた。
 医務室に来たのは、新しく来た仲間に引っ張り込まれたからだ。

「はい、これで大丈夫よ。軽い過労ね……貴女(あなた)みたいな女の子が、働き過ぎよ?」
「すみません……ええと」
「フレッサよ。魔法の力でサポートさせてもらうわ。戦いも……必要ならば、躊躇(ためら)わない」
「魔法?」
「ええ。ふふ、フィー……って呼ぶわね? 貴女だけに秘密を打ち明けるわ。私…… () () () ()

 そう言って笑う白衣の女性は、三十代には見えない。微笑(ほほえ)めばまるで、同年代の友達のようだ。同時に、今すぐ甘えれば母親のように包み込んでくれそうである。
 だが、トゥリフィリは自分を律して立ち上がる。
 13班の班長として、やるべきことが山積みだった。
 そんな彼女を見送り、医務室でフレッサは呼びかけてくる。

「無理しちゃ駄目よ。貴女だけが背負う必要はないわ……みんなで分け合って頂戴(ちょうだい)。私は新参者だからよく知らないけど……死んでいい人間なんて、いないもの」
「はい……でも、じゃあ、だからこそ」
「フィー……」
「そうだったら、尚更(なおさら)。今、ぼくが隣に必要な人がいる、気がします」

 ――ぼくが隣に必要な人。
 それは『ぼくが隣にいて欲しいと思う誰か』だろうか?
 それとも『隣にぼくがいてあげたほうがいい誰か』なのか?
 わからないが、感じる。
 都庁全体が、多くの犠牲者を出しての撤退で沈黙に沈んでいる。折しも強い雨が降ってきて、それで池袋からのレーザー攻撃も止んでいた。だが、弾着は(すで)に都庁周辺にまで範囲を狭めてきている。
 砲撃の精度があがっているのだ。
 もう何日もしないうちに、強力な破壊の光が都庁を焼くだろう。
 それを防ぐのもまた、13班の任務……だから、立ち止まれない。
 多大な犠牲者の遺体なき死に、そうしてしか(むく)いてやれない。

「あ……あれは、キリちゃん?」

 雨の中、並ぶ墓標(ぼひょう)の前にセーラー服姿の少女が立っている。
 ズブ濡れで、ガトウの墓の前に立ち尽くしている。
 その背があまりにも細くて弱そうで、今にも消えてしまいそうで。思わずトゥリフィリはドアから飛び出しそうになった。
 だが、そんな彼女をそっと止める男女がいた。
 キジトラとチサキだ。

「まあ待て。ここは一つ見守ってやらんか? 俺様達と一緒に」
「そうそう、グッと我慢だよ? ……冷たさに濡れていたい時もあるしさ。それに……フィーだけがみんなを心配な訳ないじゃん? みんなだってフィーもみんなも心配だよ」

 二人の言う通りだ。
 そして、以外な人物が外に歩いていた。
 それは、彼女が真っ先に心配していた男の子だ。メカだとかマシーンだとか、ロボットであるとかに関係なく……いつも隣にいてくれた、自分を備品とうそぶく少年。
 ナガミツは確か、最後まで山手線天球儀に残って事後処理をしていた(はず)だ。
 どれだけの悲しみを見て、苦しみを拾ったのだろう?
 彼にも心がある、それを感じるだけの気持ちがトゥリフィリにはある。だから、機械だからとそんな命令をしたナツメへの不安は(つの)った。
 そっとドアから顔を出して、様子を(うかが)う。
 雨音の中で途切れ途切れに、二人の会話が聴こえてきた。

「おい、なまくら……は、やめたんだったな。(わり)ぃ……なあ、キリ」
「……なんだよ、贋作(がんさく)。あ、ゴ、ゴメン……でも、キリって」
「班長が前に、言ってた。愛称で呼び合うと、連帯感が親密になる」
「気持ち悪いな、何か……で、でも……そうだな、ナガミツ」

 言葉少なげに、二人は濡れるままに墓の前に立つ。
 並ぶ墓標の下には、遺体などない。勿論(もちろん)、ガトウもだ。強力な砲台のビームは、人間を炭素の(かたまり)に変えてしまう。そしてそれは、触れるだけでボロボロと形を失ってしまった。高高度の風にさらわれ、人の命が文字通り散っていったのだ。
 押し黙るナガミツは、思い出したように右手を突き出す。
 そこには、見覚えのある布切れが握られていた。

「ん」
「これ、は……?」
「あのおっさんの……ガトウのバンダナだ。これだけが、線路に引っかかっていた」
「そうか……お前、持ってろ。私は、いい。そんな資格、ない」

 トゥリフィリは胸を(えぐ)られるような気持ちだった。
 すぐにも飛び出したかったが、さっき決めたのだ。同じ気持ちのキジトラやチサキと一緒に、黙って見守ると。
 キリコは、どれほど自責の念に(さいな)まれただろう。
 日ノ本(ひのもと)と民を古代より守りし、凶祓(まがばら)いの一族……羽々斬(はばきり)巫女(みこ)。そのピンチヒッターとして無理矢理少女にされた少年は、戦うことさえ許されなかった。自分がいたら守れたかもしれないと、並ぶ死を前に考えてしまうだろう。
 そして、その場にいてさえ何もできなかったナガミツとて、悔しさは同じ筈だ。
 そう、トゥリフィリははっきりと見て取った。
 無表情の鉄面皮(てつめんぴ)な、あのナガミツが悔しげに顔を歪めているのを。

「お前が持ってろ、キリ。……お前は、斬竜刀(ざんりゅうとう)だ」
「なんだよ、それ…… () () () 、だろ? 貸せって」

 大きなバンダナを受け取ると、キリコはそれを二つに千切(ちぎ)る。
 そして、半分を再びナガミツの胸に押し付けた。

「私とお前が、私達が斬竜刀だ。誰にも贋作だなまくらだは、言わせない……それだけの戦いを、これから始める。ついてこれるか、ナガミツ」
「……誰に言ってんだよ、誰に」
「お前に……斬竜刀にだ」
「わかった。斬竜刀に言われちゃ、しょうがねえな」

 誰かが言った……二人は大小、二振り揃っての斬竜刀だと。
 その人はもう、いない。
 二人の、みんなの胸の中へと去ってしまった。
 だから今、その想いを秘めて進むしかない。
 ナガミツはじっと濡れたバンダナの片割れを見詰めている。キリコはそれを、自分の髪に結んだ。濡れた黒髪の一房(ひとふさ)を、紫色の布地が小さく飾った。
 そして、キリコはポンとナガミツの背を叩く。
 あんなに優しくナガミツに触れるキリコを、トゥリフィリは初めて見た。

「お前、ちょっとトゥリねえのこと、見てこいよ。……心配、だから」
「……お前も、行くか?」
「いや、いい……もう少し、ここにいる」
「泣いてる、のか?」

 肩を震わせ、身体を伝う雨にキリコは涙を交えて泣く。
 だが、ゴシゴシと拳で(まぶた)を擦りながら、黙って墓の前に立っていた。
 ナガミツはそんな彼女の肩をポンと叩いて、こっちに来る。
 目が合って見つかってしまったが、トゥリフィリはドアを開けてナガミツを出迎えた。どうしていいかわからないような、まるで迷子の子犬みたいな顔の相棒がいた。
 そう、相棒……気付けばナガミツは、いつも一番近くで守ってくれていた。
 人の隣を歩く者として生まれたと、彼は行動で教えてくれたのだ。

「……貸して、ナガミツちゃん。それ、結んだげる」

 バンダナを受け取り、ナガミツの左腕に巻きつけ、結ぶ。もう、二度と離れないように。決して、離さないように。ガトウの(たましい)が天国にいっても、残してくれた多くの戦訓がトゥリフィリ達の中にある。
 だから、その全てを皆で背負うために、トゥリフィリはナガミツへと形見を(たく)したのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》