《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》

 深夜の東京を、(あお)い風が突き抜ける。
 トゥリフィリは今、カグラの運転するスポーツカー……否、 () () () () () () に同乗していた。ツーシーターで助手席が酷く狭く、おまけにシイナと二人乗りである。
 そんな訳で、黙ってシイナの(ひざ)の上。
 ほとんど明かりのない都内を、地を這う影のように車は疾走した。

「カグラさんさあ、男の子ってこういう車が好きだよねー」
「ん? シイナちゃんってたしか」
「そりゃ、わたしだって男だけどさあ。エンジンはうるさいし、しかもすぐ後ろにあるし? なんか暑いし……なにより、せまーい」
「ま、女の子に不評なのは今に始まったことじゃないさ」

 カグラは苦笑いしつつも、軽快なハンドリングでカッ飛ばしてゆく。確か、ランチア・ストラトスとかいう希少な車で、カグラの所有するこれは復刻モデルである。あの竜災害を乗り切ったという意味でも、非常に稀有(けう)な存在だ。
 文句を言いつつも、シイナがそっと支えてくれている。
 華奢(きゃしゃ)で可憐な容姿でも、しっかりそういうところは男の子だ。

「そら、見えてきたぜ? 品川駅だ」
「えっ、東京駅じゃないんだ」
「そっちはなんか、自衛隊さんがトラブってるらしいな。前にリンちゃんが言ってた」
「リンちゃん、って……わわっ、ととととっ!」

 品川駅の目の前で、車体が横滑りしながら急停止。
 思わずずり落ちそうになったトゥリフィリだったが、ドアを開いたシイナがそっと外に立たせてくれる。彼もそのまま降りて、首をコキコキと鳴らし出した。

「ありがとうございましたっ、カグラさん」
「いーのいーの。京都、気をつけてな」
「はいっ。よし、シイナ……行こうか」

 同じデストロイヤーでも、やっぱりシイナはナガミツとは違う。いつもの一本真っ直ぐ糸が通ったような阿吽(あうん)の呼吸はない。頼れる仲間には違いないが、普段とは勝手が違うのだ。
 それはシイナも同じようで、共にパートナーは京都にまっしぐらである。
 シイナといつも一緒のノリトも、ナガミツやキジトラと一緒に行ってしまったのだ。

「うわ、真っ暗……ねね、フィー? この駅、息してない系だけど大丈夫かな?」
「一応、カジカさんにここに来るよう言われてるんだけど」
「廃墟なんですけどー、って、誰かいるっ!」

 瞬時に身構え、シイナが前に出た。
 思わずトゥリフィリも、腰の銃に手が伸びる。
 だが、薄暗い改札前にいたのは、二人の女の子だ。片方は小柄で、こっちを見つけて笑う表情が少し幼く見える。もう一人は長身で、首から下を長い長いコートで覆っている。鋭い目つきがどこか軍人を思わせた。
 どうやら敵ではないようで、もしかしたらカジカが手配してくれた仲間かもしれない。

「あの、こんばんは。ムラクモ機関の人ですか?」
「は、はいっ。えっと、今度の適性試験後に13班に参加する予定だった、アヤメです。ちょっと、急に予定が繰り上がっちゃって」
「そっかー、お互い大変だね。で、そっちは」

 (すで)にコートの女は、改札の方へと歩き出していた。
 足も止めずに肩越しに振り返れば、そっけない声が静かに響く。

「私はリコリス。同じく、13班に配備……まあ、配置される(はず)だった者だ」

 そう言葉を切ってから、ふと思い出したようにリコリスは立ち止まる。今度はこっちに正対して身を正すと、急に神妙な声になった。

「私たちもフィーと呼んで構わないだろうか」
勿論(もちろん)っ。班長なんてやってるけど、まあ雑用係兼連絡係のようなものだから。よろしくね、リコリスもアヤメも」
「承知した。それと……いつも姉さんが世話になっている。礼を言うぞ」
「姉さん?」

 再びリコリスが歩を進めるので、急いでトゥリフィリも改札をくぐる。当然だが、電気が来てないので自動改札機も動いてはいない。
 けど、あとに続くアヤメはどこか楽しそうだ。
 最後尾では、シイナが眠そうな目でついてきていた。

「リコリスさんのお姉さんとは、わたしも仕事場でちょくちょく御一緒するんです。ほら、チェロンさんのラジオで」
「世界救済会だ。えっと」
「わたしがアシスタントで、ちょこちょこお姉さんが……初音ミクさんが歌ってくれてて」
「あー、なるほど! ……え?」

 背後でシイナも、なんか乙女がしてはいけない表情になっていた。
 だが、階段をホームへと歩きながら、リコリスは動じない。

「そうだ、姉さんは音と声とで歌を(かな)でる。私もまた、違う形で歌う人形のようなものだ」
「そっかー」
「……そこまで大きくは驚かないのだな、フィーは」
「まあね。ふふ、いつもそういう人たちと一緒にいるから」
「一式、ナガミツのことか?」
「うん、そう」

 無人のホームに出ると、吹き渡る風が冷たい。
 指定された場所はここだが、全く人気はなかった。勿論、平時であってもこんな時間に走る新幹線はない。そもそも、京都までレールが無事に繋がってる保証もない。
 白く煙る吐息(といき)だけが、静かに零れ出る。
 だが、その時信じられない音が空気を伝った。

「あれ? 今……シイナ」
「うん、聴こえた。警笛、じゃない? なんだ、新幹線走ってるじゃん」
「JR、頑張ってくれてるなあ……って、これは」

 夜気を切り裂く彩りが、目の前のホームに滑り込んできた。
 強烈なイエローの車体に、ブルーのラインがとても鮮やかである。
 そう、廃墟と化した品川駅に、突然ドクターイエローがやってきたのだ。あまりにも有名なレア車両で、鉄道に詳しくないトゥリフィリでも知ってるくらいだ。
 だが、扉が開くと全く動じずにリコリスが乗り込もうとする。

「いくぞ、アヤメ。フィーもシイナも、急げ」
「あっ、待って待って! 写真だけ撮らせて!」
「……アヤメ、我々の任務は」
「いや、そうなんですけど! わたしには一応、アイドル活動も大事なお仕事なので」

 聞けば、アヤメは地域密着型のアイドル活動をしているらしい。しかし、メジャーデビューした直後に竜災害が発生して、彼女の日常は一変してしまった。
 世が世なら、若い世代の話題を総ざらいしてた可能性もある少女なのだった。
 改めてトゥリフィリは、あの瞬間が世界の全てを変えてしまったのだと思い知る。だが、大きく変わったし、壊れて(ほころ)んでても……ここにはまだ、沢山の人たちが生きている。
 その手助けをすることも、ムラクモ13班の大事な任務だ。

「よしっ、じゃあ行こうか。待ってて、ナガミツちゃん。絶対に追いつくから」

 決意も新たに、トゥリフィリはドクターイエローに乗車した。
 だが、連れは皆どこか緊張感がない。リコリスも警戒心を励起させているものの、それはどこか澄んだ清水のように静かなものだ。そして、シイナは相変わらずのノリで、早速アヤメと意気投合し始める。

「駅弁が欲しいですよねー、こう、SNS映えする感じの駅弁が」
「駅弁ねー、あれ結構疲れるんだよね。腰にくるっていうかー」
「もー、シイナさんてばオヤジかっ!」
「うんにゃ、オヤジじゃなくて美少女? あと、シイナでいいよん」
「あ、はいっ。わたしのこともアヤメって呼んでください」

 こうして一行は、一路京都へ……その先に激闘が待つとも知らず、夜汽車がレールの上を走り出す。ドクターイエローは今、闇を貫く黄金の矢となって馳せるのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》