《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》

 (とき)さえも凍りついたかのような、静寂。
 透き通る(あお)の迷宮は、進むトゥリフィリ達から体温を奪ってゆく。冷えてゆく身体を戦いで動かせば、流した汗さえも次の瞬間には凍えさせてくるのだ。
 そんな中、トゥリフィリ達13班は氷に飲み込まれたショッピングモールを歩く。
 吹き抜けの回廊は今、マモノとドラゴンが跳梁跋扈(ちょうりょうばっこ)する危険な場所だった。

「はいはーい、どいてどいてー。どーん」

 今日のシイナは、全くやる気がない。
 先程からずっと、ポケットに両手を突っ込んだままだ。
 それでも彼女は、着ぶくれした自分を敵へと自ら放り投げる。さながら人間魚雷(はお)といったところで、頭突きで相手を吹き飛ばすや地面へと転がった。
 そのままゴロゴロと転がる様は、見ていて少し面白おかしい。
 どうやら、本当に寒さには弱いようだ。

「ねね、シイナ。危なくない? ちゃんと戦った方がいいと思うけど」
「んー、いいよぉ。なんか、ほら……眠く、なって、きたし……」
「あっ、こら! 駄目だってば、もう!」
「フィーはさあ……美味しそうな匂い、するよ、ね……エヘヘ」

 マモノの群れが逃げ去るのを見送って、トゥリフィリがシイナに駆け寄る。もうすでに、彼の表情は失せていた。放っておくと、本当に寝てしまうかもしれない。そうなったら、いかなS級能力者(エスきゅうのうりょくしゃ)といえど凍死である。
 突然お台場に現出した迷宮は、その周囲を極寒地獄に変えてしまったのだから。

「あーもぉ、重いー! 立って、シイナ! ほら!」
「重くないもん……わたし、公式では48kgだし」
「……実際は?」
「うっ……ご、ごじゅう……ろく? なな? くらいかなあ」
「言わなくていいから、立って立って」

 おずおずとシイナは、見るからに弱々しく立ち上がった。
 そして、そんな時でも手はポケットから出そうとしない。
 彼女は、分厚いダウンジャケットの(えり)に顔を埋めながら、周囲を見渡す。すると突然、頭上から元気な声が響いてきた。

「シイナママー! フィー! こっちだよぉ!」

 見上げれば、吹き抜けを通じて繋がった二階に、エリヤが立っている。あどけない笑顔は、まるでバルコニーに立つお姫様だ。
 彼女はブンブンと両手を振りながら、トゥリフィリ達の向かう先を指差す。

「あっちから多分、階段で上がれると思うー!」
「ありがと、エリヤ。なんか、結構入り組んでるよね。上下に行ったり来たりだし、通路を塞いでるフロワロの壁も多い」

 東京に出現した七つのダンジョンは、その全てが帝竜(ていりゅう)の力で魔窟(まくつ)と化している。協力無比な攻性生物であるドラゴンの中でも、七匹の帝竜は特別強い力を持っていた。
 物理法則を捻じ曲げ、自分を中心として周囲を異世界に変えてしまう。
 通常のドラゴンもフロワロを繁殖させ、地形を変えて行く手を遮ることがある。
 だが、ダンジョンそのものを生成して支配する帝竜は、とほうもない力を持っていた。

「だから、その検体が必要なんだ…… () () () () () () () () () のために」

 ――ドラゴンクロニクル。
 それがトゥリフィリ達人類の切り札。
 悪用すれば、人竜(じんりゅう)ミヅチへと()したナツメのように、エゴと欲の塊になってしまう。人間が扱うには、あまりにも強過ぎる竜の力……だが、竜を持って竜を滅するように、常に人類は難関や強敵を知恵で克服してきた。相手さえも利用し、生き残ってきたのだ。
 残る竜検体は、あと一つ。
 だが、トゥリフィリが前を向いたその時……迷宮全体が鳴動に濡れた。
 凍えた空気が沸騰して、ビリビリと肌が炙られるような感覚。

「ッ! この声!」
「うわあ、なんかさ、フィー……近付いてくるねー」
「ちょっとちょっと、シイナッ! やる気出して! 凄いのが来るっ!」

 開けた空間をまっすぐ進む、左右にテナントを並べた道が弾けた。ガラスよりも透明な氷に埋もれたまま、なにもかもが木っ端微塵に砕けてゆく。
 粉雪のように舞う六華(りっか)を連れて、巨大なドラゴンが現れた。
 蒼い甲殻と鱗は、それ自体が氷でできているような光沢を放っている。

「フィー、あれ! あれがここの帝竜だよぉ!」
「うう、今回は向こうからおでましかあ。……最後の一匹になって、焦ってるのかな」

 帝竜は常に、ダンジョンの最奥で待ち構えているのが(つね)だった。
 だが、目の前に怒り猛る巨大なドラゴンが吠えていた。
 確か、キリノが名付けたコードネームはゼロ=ブルー……絶対零度(アブソリュート・ゼロ)の蒼き竜である。ゼロ=ブルーが絶叫を張り上げれば、天井の氷柱(つらら)が次々と落下してきた。
 その中を逃げ惑えば、ようやくシイナが両の拳を握って構える。

「……だるい。ねむい」
「ほらっ、シイナ! エリヤのママなんでしょ、しっかりしてよ!」
「ん、そだね……イリヤ! 危ないから向こうから回って降りてきてー!」

 下を眺めて脚を伸ばそうとしていたエリヤは、シイナの声に何度も大きく(うなず)く。そして、今まで来た道を下り階段へと引き返し始めた。全力疾走の背中を見上げて見送ると、トゥリフィリも臨戦態勢で銃を抜く。
 これが最後の帝竜。
 そして、人類の敵となったナツメに対峙するための最後の鍵だ。

「フィーさ、普段はナガミっちゃんと、どんな感じ?」
「えっ? い、いや、普通に……ちょ、ちょっとでも、その……最近、意識し過ぎかなあ、なんて」
「や、それも気になるけど、戦闘の時。やっぱ、ナガミっちゃんが攻撃を引き付ける感じ?」
「……うう、恥ずかしいこと言っちゃった。あ、でも、シイナはシイナだから。お互い全力っ! フォローは任せて、暴れちゃって!」
「ほいきたっ!」

 地を蹴るシイナが、弾丸のように(かたわ)らから飛び出した。
 彼女はすぐに分厚いダウンを脱ぐと、それを捨ててさらに加速する。
 ゼロ=ブルーは、大きく口を開くやブレス攻撃を放ってきた。それは、あらゆるものが凍りつく死の吐息(といき)……あっという間に、空気中の水分が凝結して霧が広がる。
 キラキラと輝く美しさは、あらゆる命が停止する危険な光だった。
 その中から、ジャンプで高い天井にシイナが飛び上がる。

「フィー! 適当に氷柱、撃って!」
「うんっ!」

 ショッピングモール自体を揺るがす、強力な冷凍攻撃が全てを薙ぎ払ってゆく。
 脚を使って大きく避けつつ、トゥリフィリは天井へと銃口を向けた。(すで)阿吽(あうん)の呼吸で、シイナの考えが伝わってきた。ナガミツもそうだが、運動能力S級のデストロイヤーは、皆どうしてか無茶をする。
 きっと、全身の筋肉が知っているのだ。
 無茶や無謀が、決して無理ではないことを。
 トゥリフィリは瞬時に、ゼロ=ブルーの頭上に立体的な地図を思い描く。そして、天井に無数に垂れ下がった氷柱を、大小問わず撃ち落とした。

「おーおー、いい感じっ! フィー、ナイスだよん? んじゃ、ま……どっせえええええいっ!」

 反転してシイナが天井を蹴る。
 彼女は、トゥリフィリが空中に散りばめた氷へ突っ込む。無軌道に見えて、瞬時の計算と空間認識能力で、トゥリフィリが並べて敷いた道ができていた。
 常人ならばそれは、ただ舞い散る氷でしかないだろう。
 だが、S級能力者ならば、その中に足場を探して駆け抜けることが可能だ。
 シイナは今、真下のゼロ=ブルー目掛けて宙を疾駆(しっく)していた。

「おっしゃあ、シイナちゃんっ、パアアアアンチッ!」

 大きく振りかぶった拳が炸裂する。
 巨大な氷壁が割れるように、悲鳴とともにゼロ=ブルーにひびが走った。
 だが、次の瞬間……勝利を予感して走るトゥリフィリごと、一際鋭い冷気が飲み込んでゆくのだった。

《前へ戻るTEXT表示登場人物紹介へ用語集へ次へ》